メインメニューを開く

杉原 輝昭 (すぎはら てるあき、1980年10月18日[1][2] - ) は、特撮テレビドラマ作品の監督(演出家)。東映テレビ・プロダクション所属[2]岡山県出身[1][2]倉敷芸術科学大学[3][2]

目次

人物・来歴編集

大学卒業後、大学時代の先輩であった演出家の狩山俊輔からの紹介で、助監督として特撮テレビドラマ『仮面ライダー555』に参加する[3][2]。その後、東映特撮作品や狩山の担当するテレビドラマなどで活動[3][2]

2008年の『仮面ライダーキバ』でセカンド助監督として仮面ライダーシリーズに復帰し、『仮面ライダーフォーゼ』中盤でチーフ助監督に昇格した[1][3]。『烈車戦隊トッキュウジャー』よりスーパー戦隊シリーズを担当[3]

2015年に『テレマガとくせいDVD 手裏剣戦隊ニンニンジャー アカニンジャーVSスターニンジャー百忍バトル!』で監督としてデビュー[1][3][2]。2016年の『動物戦隊ジュウオウジャー』で映像特典の監督を経て、テレビ監督としてデビュー[1][3][2]

2017年に結婚[2]

2018年の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でメイン監督に抜擢される[3][2]

2019年の『仮面ライダーゼロワン』で初の仮面ライダーシリーズのメイン監督を務める。[4]

作品(監督)編集

特撮テレビドラマ編集

太字はパイロット作品。

映画編集

作品(スーツアクター)編集

  • 動物戦隊ジュウオウジャー 第9話 (2016年 - 2017年) - セラの父

脚注編集

  1. ^ a b c d e 「Zyuohger Director Interview 05 杉原輝昭」『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野生解放』ホビージャパン、2017年6月24日、72-73頁。ISBN 978-4-7986-1472-4
  2. ^ a b c d e f g h i j 「[インタビュー]杉原輝昭」『宇宙船』vol.160(SPRING 2018.春)、ホビージャパン、2018年4月1日、 70-71頁、 ISBN 978-4-7986-1670-4
  3. ^ a b c d e f g h 「スーパー戦隊制作の裏舞台 杉原輝昭」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.17 宇宙戦隊キュウレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年2月23日、33頁。ISBN 978-4-06-509617-8
  4. ^ a b terusnetのツイート(1151348912130686977)

外部リンク編集