メインメニューを開く

杉咲 花(すぎさき はな、1997年10月2日 - )は、日本女優。旧芸名、梶浦 花(かじうら はな)[2][3]。本名、非公開[4]

すぎさき はな
杉咲 花
本名 非公開
別名義 梶浦 花(かじうら はな、旧芸名)
生年月日 (1997-10-02) 1997年10月2日(22歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 153 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2006年 -
著名な家族 チエ・カジウラ(母)[1]
事務所 研音
公式サイト 杉咲花 オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
夜行観覧車
とと姉ちゃん
花のち晴れ〜花男 Next Season〜
ハケン占い師アタル
映画
トイレのピエタ
愛を積むひと
湯を沸かすほどの熱い愛
十二人の死にたい子どもたち
劇場アニメ
メアリと魔女の花
テンプレートを表示

東京都出身。研音所属。

略歴

子役時代は「梶浦花」の芸名でスターダストプロモーション芸能4部に所属[3]

もともと、芸能界に興味があり、中学生になって改めて女優になりたいと思い、憧れだった志田未来が所属している研音のオーディションに応募[5]。2011年4月、研音に所属する[6]。これに伴い芸名を「杉咲花」に変更[2]。『ドン★キホーテ』で改名後のドラマ初出演。味の素Cook DoのCM[7]山口智充と共演し、回鍋肉を食べる美少女として話題になる[8]

2013年1月より放送されたTBS系ドラマ『夜行観覧車』で家庭内暴力に荒れる娘役を好演し、以降ドラマや映画に多数出演。

2014年、日経トレンディ主催の「2015年の顔」に選出された[9]

2016年、NHK連続テレビ小説とと姉ちゃん』でヒロインの妹美子を演じる。映画『湯を沸かすほどの熱い愛』では銭湯を営む一家の娘役を演じ、日本アカデミー賞ほか各映画賞の助演女優賞を受賞した。

2018年4月より放送のTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で、連続ドラマ初主演[10]。 同年10月公開の『パーフェクトワールド 君といる奇跡』で映画初主演[注 1][11]

2018年9月、念願であった初のレギュラーラジオパーソナリティを務める『杉咲花のFlower TOKYO』の放送が開始[12]。初回放送を受けて、600通以上のメッセージが届くという反響があった[13]

2019年の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で、NHK大河ドラマ初出演[14]

人物

出演

テレビドラマ

映画

劇場アニメ

テレビ番組

  • 終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実(2017年8月12日、TBS) - ナレーション[49]

ラジオ

CM

PV

音声ガイド

受賞とノミネート

脚注

注釈

  1. ^ a b 岩田剛典とのダブル主演。
  2. ^ 堂場瞬一サスペンス作品。
  3. ^ 2013年の『夜行観覧車』と同役でのカメオ出演[25]
  4. ^ 「回鍋肉を食べる美少女」として、『しゃべくり007』(2015年2月2日、日本テレビ)に出演した。

出典

  1. ^ a b チエカジウラ [@ChieKajiura] (2016年11月28日). "また泣いちゃう… 娘、助演女優賞を受賞!" (ツイート) – via Twitter.
  2. ^ a b 杉咲花”. 映画.com. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ a b 梶浦花” (2008年12月24日). 2009年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月5日閲覧。
  4. ^ “杉咲花、3日から朝ドラ登場!“とと姉”と「家族になりたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160602/geo16060205050017-n3.html 2016年10月27日閲覧。 
  5. ^ De☆View』(オリコン・エンタテインメント)2012年6月号より
  6. ^ 新人所属のお知らせ「杉咲 花」”. 2012年8月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月5日閲覧。
  7. ^ Cook Do TMCM”. 味の素KK. 2016年11月29日閲覧。
  8. ^ “【報知映画賞】助演女優賞に19歳の杉咲花「大きな財産」”. スポーツ報知. (2016年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50197.html 2016年11月29日閲覧。 
  9. ^ “「アナ雪」が席巻した2014年、“増税時はキャラものがヒット”の定説が健在”. 日経トレンディ. (2014年11月4日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20141031/1061103/?ST=life&P=6 2014年11月4日閲覧。 
  10. ^ a b “杉咲花で「花男」続編!演技派20歳が連ドラ初主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年1月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180124/geo18012405040023-n1.html 2018年1月24日閲覧。 
  11. ^ a b “岩田剛典、杉咲花W主演で人気漫画映画化 来年公開”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年6月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1837869.html 2017年6月10日閲覧。 
  12. ^ a b “<TOKYO FM新番組>女優・杉咲花がパーソナリティ!念願のレギュラーラジオ番組が登場!『杉咲花のFlower TOKYO』” (プレスリリース), TOKYO FM, (2018年9月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001508.000004829.html 2019年9月15日閲覧。 
  13. ^ みんなーー!!!…”. 杉咲花 Instagram (2018年10月20日). 2018年12月3日閲覧。
  14. ^ a b 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第1弾!青年・金栗四三、故郷・熊本から1912年ストックホルム大会へ! いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~”. NHKオンライン. NHK (2017年11月1日). 2017年11月1日閲覧。
  15. ^ a b “ぐっさんの娘”杉咲花/気になリスト”. 日刊スポーツ (2013年1月3日). 2014年4月17日閲覧。
  16. ^ 映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」で映画初主演! 杉咲花「とにかく樹のことをただ真っ直ぐに思い続けることに集中しようと思いました」”. ウオーカープラス (2018年9月30日). 2018年10月28日閲覧。
  17. ^ “杉咲花 芸名はお気に入りも「花粉症なので複雑な思いですが」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年3月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/05/kiji/20170305s00041000177000c.html 2017年3月5日閲覧。 
  18. ^ “杉咲花、髪30センチバッサリ!井上真央と同じ“花男”制服に感激”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年2月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180217/geo18021705040001-n1.html 2018年2月17日閲覧。 
  19. ^ 杉咲花「引き出しの多い女性になることが目標」”. サンスポ (2013年12月8日). 2013年12月30日閲覧。
  20. ^ 戦後70年 千の証言スペシャル「私の街も戦場だった」(TBS)、2015年3月9日閲覧
  21. ^ ““2015年の顔”杉咲花、ドラマ初主演「うれしさは大きかったです」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2049892/full/ 2016年6月2日閲覧。 
  22. ^ 『とと姉ちゃん』ヒロイン父に西島秀俊 追加キャスト15人発表”. ORICON STYLE (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  23. ^ “杉咲花、3日から朝ドラ登場!“とと姉”と「家族になりたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月2日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160602/geo16060205050017-n1.html 2016年6月2日閲覧。 
  24. ^ 唐沢寿明・杉咲花 福士蒼汰主演ドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』出演決定”. KEN-ON Group Official Website. 株式会社 研音 (2016年5月19日). 2016年6月2日閲覧。
  25. ^ “窪田正孝&杉咲花、“湊かなえつながり”で「リバース」出演へ!”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年5月27日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170527/geo17052705030008-n1.html 2017年5月27日閲覧。 
  26. ^ “杉咲花が『ほん怖』初出演「ラストは思わず鳥肌」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2095302/full/ 2017年8月7日閲覧。 
  27. ^ “杉咲花、神木隆之介と再共演 駅員役に初挑戦「気持ちが引き締まりました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2098047/full/ 2017年9月28日閲覧。 
  28. ^ "「いだてん」杉咲花が"復活" 第1部でシマを好演 娘・りく役で再登場に「夢のようでした」". Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018-09-15. Retrieved 2018-09-15.
  29. ^ “杉咲花、本格コメディー初挑戦!間宮祥太朗、志尊淳と共演「ハケン占い師アタル」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月28日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105216 2018年11月28日閲覧。 
  30. ^ 木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』”. テレビ朝日. 2018年11月28日閲覧。
  31. ^ “「繕い裁つ人」映画化!主演は中谷美紀、三島有紀子監督”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年3月3日). http://natalie.mu/comic/news/111035 2017年2月24日閲覧。 
  32. ^ 杉咲花、「RADWIMPS」野田洋次郎を翻弄! 『トイレのピエタ』追加キャスト”. CinemaCafe.net (2015年2月2日). 2015年2月5日閲覧。
  33. ^ 佐藤浩市&樋口可南子「愛を積むひと」で初の夫婦役!娘役は北川景子”. 映画.com (2014年6月7日). 2014年11月17日閲覧。
  34. ^ DAIGO、吉田羊、杉咲花が昆虫たちに息吹を注ぐ 3D昆虫ドキュメンタリー映画でナレーション”. 映画.com (2015年6月4日). 2015年6月5日閲覧。
  35. ^ 豪華なMOZUキャストが勢揃い! 西島秀俊・ビートたけしが語る初共演秘話とは...!! - 映画・映像|東宝WEB SITE”. 東宝 (2015年10月27日). 2018年5月31日閲覧。
  36. ^ 萬斎と宮迫を翻弄!?木村文乃&杉咲花が「スキャナー」Wヒロインに”. 映画ナタリー (2015年8月15日). 2015年8月17日閲覧。
  37. ^ 宮沢りえ&杉咲花が親子役 映画で初共演「燃え尽きたい」”. ORICON (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  38. ^ “木村拓哉×三池崇史「無限の住人」、杉咲花がヒロイン浅野凜役に”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月1日). http://natalie.mu/eiga/news/207559 2016年11月1日閲覧。 
  39. ^ 映画『BLEACH』公式サイト INTRODUCTION
  40. ^ 杉咲花、福士主演「BLEACH」のヒロインに! テレ朝芸能&ニュース|テレビ朝日 (2018年2月5日)
  41. ^ “福士蒼汰主演「BLEACH」杉咲花が死神役!監督が絶賛「ルキアにしか見えない」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月5日). https://natalie.mu/eiga/news/268075 2018年2月5日閲覧。 
  42. ^ “EXILE/三代目JSB・岩田剛典&杉咲花W主演、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』特報映像公開”. M-ON! MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2018年3月31日). https://www.m-on-music.jp/0000262994/ 2018年3月31日閲覧。 
  43. ^ “是枝裕和総合監修「十年」に杉咲花、太賀、川口覚、池脇千鶴、國村隼!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年5月4日). http://eiga.com/news/20180504/1/ 2018年5月4日閲覧。 
  44. ^ "『十二人の死にたい子どもたち』キャスト12人を一挙紹介!". シネマトゥデイ. シネマトゥデイ. 2019-02-09. Retrieved 2019-10-03.
  45. ^ “綾野剛・杉咲花・佐藤浩市で吉田修一の「犯罪小説集」映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年8月21日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103011 2018年8月22日閲覧。 
  46. ^ プリシラ・アーン×村松崇継 ジブリ最新作「思い出のマーニー」音楽対談”. 音楽ナタリー (2014年). 2014年7月22日閲覧。
  47. ^ 高月彩良×有村架純「思い出のマーニー」、第3のヒロインが明らかに”. モデルプレス (2014年7月29日). 2014年8月1日閲覧。
  48. ^ “「アリエッティ」米林宏昌の最新作「メアリと魔女の花」で杉咲花が主演、予告編も解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年2月24日). http://natalie.mu/eiga/news/222026 2017年2月24日閲覧。 
  49. ^ “杉咲花、TBS終戦記念特番でナレーション「しっかりと受け止めさせていただきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2095234/full/ 2017年8月6日閲覧。 
  50. ^ ““食欲全開!「Cook Do®」” 味の素KK「Cook Do」新TVCMスタート! 2011年7月28日(木)より全国で順次放送開始” (プレスリリース), 味の素株式会社, (2011年7月27日), オリジナルの2011年8月18日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110818072441/http://www.ajinomoto.co.jp/press/2011_07_27.html 2017年8月6日閲覧。 
  51. ^ ““食欲全開!「Cook Do®」” 味の素KK「Cook Do」TVCM新シリーズスタート! 2012年4月13日(金)より全国で順次放送開始” (プレスリリース), 味の素株式会社, (2012年4月11日), オリジナルの2012年4月19日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120419191025/http://www.ajinomoto.co.jp/press/2012_04_11.html 2017年8月6日閲覧。 
  52. ^ 「花晴れ」杉咲花&「花男」小栗旬、兄妹役でCM初共演”. ザテレビジョン (2018年5月10日). 2018年5月10日閲覧。
  53. ^ 福士蒼汰&杉咲花、au新CMで共演!ショップ店員役で松岡修造&柳原可奈子も登場”. 映画.com (2014年5月29日). 2014年5月29日閲覧。
  54. ^ “グリー、「消滅都市」にて川谷絵音さんがフロントマンを務める「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」の書き下ろし新曲を、11月20日(金)より期間限定配信- 岡田将生さん、杉咲花さん出演の新テレビCMも放送 -” (プレスリリース), グリー株式会社, (2015年11月19日), http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2015/1119-01.html 2017年8月6日閲覧。 
  55. ^ “広告ギャラリー”. 東京新聞ほっとweb. http://hotweb.tokyo-np.co.jp/cm/ 2017年4月11日閲覧。 
  56. ^ “「クラフトボス」新TV-CM「新しい風」篇 4月4日(火)から全国オンエア開始” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2017年3月29日), https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0518.html 2019年3月24日閲覧。 
  57. ^ “「クラフトボスTEA ノンシュガー」新TV-CM「新しい風・ロンドン」篇 3月19日(火)からオンエア開始” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル, (2019年3月14日), https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF0824.html 2019年3月24日閲覧。 
  58. ^ “ソフトバンクが新CMを発表、白戸家は記念の10周年で解散?それともパワーアップ?”. エキサイト. (2017年9月13日). http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170913/Mdn_55038.html 2017年10月23日閲覧。 
  59. ^ 家入レオ新曲PVで気鋭女優・杉咲花の切ない演技光る”. 音楽ナタリー (2015年1月19日). 2015年1月19日閲覧。
  60. ^ “杉咲花、今秋開催「ゴッホ展」ナビゲーター就任!音声ガイド初挑戦”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年7月12日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190712/geo19071205020011-n1.html 2019年7月12日閲覧。 
  61. ^ 第7回TAMA映画賞”. 第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM. 2016年2月7日閲覧。
  62. ^ “「海街diary」が5冠、「お盆の弟」が4冠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575404.html 2015年12月5日閲覧。 
  63. ^ “第70回毎日映画コンクール:心に響く、生きざま描く 大賞候補5作品”. 毎日新聞 (株式会社 毎日新聞社). (2015年12月18日). http://mainichi.jp/articles/20151218/dde/010/200/082000c 2016年2月7日閲覧。 
  64. ^ “【東スポ映画大賞】ノミネート作品発表 ビートたけし審査委員長が月末に最終ジャッジ”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2016年1月7日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/491035/ 2016年2月7日閲覧。 
  65. ^ “ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016が開幕!”. ニュースウォーカー (株式会社KADOKAWA). (2016年2月25日). http://news.walkerplus.com/article/73146/ 2016年2月25日閲覧。 
  66. ^ おおさかシネマフェスティバル2016”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2016年2月25日閲覧。
  67. ^ “【報知映画賞】助演女優賞に19歳の杉咲花「大きな財産」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50197.html 2016年11月29日閲覧。 
  68. ^ “杉咲花、助演女優賞!「コメディーにも挑戦してみたい」/ブルーリボン賞”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年1月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170126/geo17012605030022-n1.html 2017年1月26日閲覧。 
  69. ^ “ブルーリボン賞ノミネート決定「湯を沸かすほどの熱い愛」が5部門5ノミネート”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年1月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170103-OHT1T50198.html 2017年1月4日閲覧。 
  70. ^ “キネマ旬報ベスト・テン決定、「この世界の片隅に」「ハドソン川の奇跡」が1位に”. 映画ナタリー. (2017年1月10日). http://natalie.mu/eiga/news/216247 2017年1月10日閲覧。 
  71. ^ “2016年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル. (2017年2月3日). http://oocf.net/prize 2017年2月3日閲覧。 
  72. ^ “【映画大賞】新人賞・杉咲花にたけしデレデレ「かわいいね」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年2月27日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/656293/ 2018年1月22日閲覧。 
  73. ^ 中山雄一朗 (2017年3月3日). “最優秀助演女優賞は『湯を沸かすほどの熱い愛』杉咲花が初受賞【第40回日本アカデミー賞】”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0090027 2017年3月3日閲覧。 
  74. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2018年1月22日閲覧。

外部リンク