杉 冨士雄(すぎ ふじお、1921年7月5日 - 1991年4月25日[1])は、日本のフランス文学者、プロヴァンス文学者、岡山大学名誉教授。

人物編集

東京出身。1948年東京大学仏文科卒。1960年よりモンペリエ大学トゥールーズ大学に留学[1]。1962年岡山大学法文学部教授、1980年文学部教授に就任、1987年に退官後、中国短期大学学長となった[1]

1964年「「聖女フォワの歌」の文学的一考察」で東京大学文学博士。フランス文学の中でも言語の異なる南仏プロヴァンス語でノーベル文学賞をとったフレデリック・ミストラルを研究・翻訳した。

1984年「青春の思い出」の翻訳と研究で日本翻訳文化賞を受賞した。

1991年4月25日、心筋梗塞のため死去[1]

著書編集

  • 南仏抒情詩人テオドール・オーバネル 大修館書店 1960年
  • 「聖女フォワの歌」とその研究 新東京書房 1966年
  • プロヴァンスの海と空 歴史と文化の旅 富岳書房 1992年6月

翻訳編集

  • ミレイオ ミストラル ノーベル賞文学全集 23 主婦の友社 1971年 のち「プロヴァンスの少女 ミレイユ」岩波文庫
  • ピレネ紀行 テーヌ 現代思潮社 1973年
  • フランス語の特質 アルベール・ドーザ 共訳 大修館書店 1982年3月
  • フランス料理の歴史 その栄光の軌跡 ジョルジュ・ブロン、ジェルメーヌ・ブロン 共訳 三洋出版貿易 1982年12月
  • 青春の思い出 ミストラル 富岳書房 1989年5月

脚注編集

  1. ^ a b c d 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.319