メインメニューを開く

杉山 賢人(すぎやま けんと、1968年12月12日 - )は、静岡県沼津市出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者、野球解説者、日本女子プロ野球機構ノース・レイア元監督。

杉山 賢人
埼玉西武ライオンズ コーチ #90
K Sugiyama20160304.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県沼津市
生年月日 (1968-12-12) 1968年12月12日(50歳)
身長
体重
173 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1992年 ドラフト1位
初出場 1993年4月15日
最終出場 2001年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1992年
オリンピック
男子 野球
1992 野球

経歴編集

アマチュア時代編集

静岡県沼津市で化学工場の社長の息子として生まれる[1]。賢い人間になってほしいとの願いから「賢人」と命名され、スーパーマンクラーク・ケントからもヒントを得たという[1]。摘んできた花を飾るような繊細な子どもだったが、小学校3年生の時にバッティングセンターで大人向けの速球を打ち返し、親の勧めで翌年から野球を始めた[1]。小柄ながら優れた打撃を見せ、少年野球の県大会では特別敢闘賞を受賞している[1]

金岡中学では2年生の夏にエースが負傷したのをきっかけに投手に転向した[1]沼津学園に進学すると再び野手になり、入学時は身長およそ160cmで打撃が課題だったが練習を重ねて克服[2]。2年生の夏の静岡大会から1番・中堅手のレギュラーとなった[1]。3年生になると3番を任され、2番手投手も兼任していた[3]。同年夏の静岡大会では準々決勝でエースの負傷を受けて登板したが、サヨナラ負けを喫している[1]

専修大学に進むと同期に岡林洋一武藤潤一郎がいたが、同じ静岡県出身の監督の望月教治が高校時代の杉山のプレーを見ており、投手に専念するよう指示された[3]。1年春の東都リーグからベンチ入りして2勝を挙げ、岡林が故障していた2年春のリーグ戦では先発を数回務めている[3]。3年まで頻繁に外野手転向を訴えたが却下され、最後の1年間は必ずしも熱心に練習していなかったという[4]。大学では3番手投手として主にリリーフを任され、1部リーグ通算43試合に登板、4勝8敗、防御率3.65の成績を残した。

大学卒業後は社会人野球東芝に入り、監督の大田垣耕造やコーチの黒紙義弘の指導を受けて野球について深く考えるようになったという[4]。良い球を強気に使う高見泰範のリードなどもあって頭角を現し、勝利を挙げて自信を深めていく好循環が生まれた[4]。1年目の1991年都市対抗では1回戦から先発して勝利投手となり、小池秀郎との先発対決となった準々決勝の対松下電器戦でも6回を無失点に抑えて勝利[5]。しかし準決勝の対住友金属戦では6失点し、4回途中で降板した[6]。なお、この試合で対戦した松本尚樹が社会人時代で最も印象に残っているという[6]。決勝の対三菱重工長崎戦も先発して6回を自責点0の投球で勝利投手になり[7]、チームの優勝に貢献して若獅子賞を受賞している。また、同年は社会人ベストナインにも選ばれた。

1992年にはバルセロナ五輪代表の最終選考で同じ左投手の渡辺正和とともに候補となり、渡辺がヒジの検査を受けていた事もありメンバーに選ばれた[8]本大会では予選の対ドミニカ共和国戦で先発し、被安打3、8奪三振で5回を無失点に抑えて勝利投手になっている[9]。3位決定戦ではアメリカを相手に2番手として1回1/3を投げ、被安打2、自責点1で3奪三振を挙げて[10]チームは勝利し、銅メダルを獲得した。同年の日本選手権では2勝を挙げてチームの優勝に貢献し、優秀選手に選ばれている。社会人の左投手ではNo.1と言われて[11]迎えた1992年度ドラフト会議ではマウンドでの度胸などを買われ、左投手が不足していた西武ライオンズから1位指名を受けて入団[4]。球団史上最高額となる契約金1億円と、年俸1,000万円で入団契約を結んでいる[12]。なお、契約金で実家を新築したという[8]

プロ野球選手時代編集

オープン戦から好投を見せ、4月15日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で早くも一軍初登板を果たす。2日後の4月17日には初先発で千葉ロッテマリーンズから勝利を挙げ、5月8日の対日本ハムファイターズ戦で同年のルーキーで最初の完投勝利を収めるなど、工藤公康に続く左の先発として起用されていた[13]。シーズン中盤からはリリーフに回り、左の切り札として大活躍し優勝に貢献。鹿取義隆潮崎哲也と形成した強力なストッパー・トリオは毛利元就の「三本の矢」のエピソードやJリーグブームに湧く中、所属チームのサンフレッチェ広島になぞらえて、「サンフレッチェ」と呼ばれた[14]。オールスター明けの1ヶ月が特につらかったという[14]が、同年はリーグ最多の54試合に登板してほぼ満票で新人王に選ばれている[15]日本シリーズでは第4戦でシリーズ初登板を果たし、第6戦まで3試合連続で起用された。オフの契約更改では、2,200万円増の年俸3,200万円(推定)となっている[16]

1994年は6月から7月にかけては5試合で打者26人を1四球のみに抑えるなどの好投を見せ[17]オールスターゲームに初出場を果たした。前年と同じ54試合に登板し、同年の日本シリーズでは第5戦で2番手として登板し、3四球で満塁としたところで緒方耕一に満塁ホームランを打たれて敗戦投手になっている[18]。 オフには年俸6,000万円(推定)で契約を更改している[19]

1995年は勤続疲労から肩の故障で出遅れて28試合の登板に終わり、契約更改では1,500万円減の年俸4,500万円(推定)となった[20]1996年は不調でプロ入り初の1軍未勝利に終わる。1997年は2年ぶりに勝ち星を挙げたがデニー橋本武広森慎二らが躍進する中、従来の活躍が出来なかった[21]が、日本シリーズでは第2戦から3試合続けて登板し、全て無失点で切り抜けている。1998年は44試合に登板して防御率2.50の好成績で、年俸は5,100万円(推定)となった[22]。95年以降は肩の故障や監督が変わった事によりワンポイントリリーフが主となっていた。

1999年6月に平塚克洋との交換トレードで阪神タイガースへ移籍。阪神では先発投手と期待されローテーションに入った時期もあったが期待に答えることはできなかった。2000年5月には吉田剛西川慎一との交換トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍、2001年4月には関口伊織との交換トレードで西武時代のかつての監督森祇晶が監督を務める横浜ベイスターズへ移籍、異例となる3年連続シーズン途中での移籍を経験した[17]。横浜では32試合に登板したものの2001年シーズンオフに戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトも受験した[23]がこの年限りで現役を引退。

現役引退後編集

2002年から2004年まで横浜で打撃投手2005年は同球団の一軍マネージャーを務めた。2006年から東北楽天ゴールデンイーグルス一軍投手コーチ(ブルペン)を務めたが2009年10月26日に来季の契約を結ばない事が発表された[24]

2010年からは東北放送スカイ・A sports+2011年まで)→J SPORTS2012年は)→日テレプラス(2013年から2014年までは)野球解説者を務める。

また、解説者として活動するかたわら、少年野球の監督として女子選手も指導。2013年、解説者の活動と並行しながら、ノース・レイアの監督を務めたが15試合終了時点で成績不振の責任を取り、6月13日付けで辞任した[25]。2014年11月1日に楽天の二軍投手コーチに就任することが発表された[26]。2016年10月6日付けで来季の契約を結ばないことが発表された。

2017年台湾中華職業棒球大聯盟Lamigoモンキーズの二軍投手コーチを務め、10月25日に埼玉西武ライオンズと翌年の投手コーチ契約について合意したことが発表された[27]

選手としての特徴・人物編集

セットポジションからのアーム式の投法で繰り出す最速146km/h速球[17]は球質が重く[4]、これを維持するために西武で減量指令を拒否している[17]変化球としてはスライダー[17]カーブ[11]に加え、主に右打者に対してはスクリューボール、左打者にはシュートも投げていた[13]。低めへの制球力に定評があった[13]

丸っこい外見が似てるとして、東芝時代に丹波健二から「アンパンマン」というニックネームを付けられた[28]。アマチュア時代から、素直で人に好かれやすい性格に監督や友人らから定評があり[2]投手としては珍しく他人の助言を素直に聞いていた、と高見泰範に評されている[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1993 西武 54 4 1 0 0 7 2 5 -- .778 309 74.0 68 6 29 0 0 82 3 0 25 23 2.80 1.31
1994 54 1 0 0 0 4 2 6 -- .667 246 60.2 54 7 13 0 4 63 0 0 24 24 3.56 1.10
1995 28 1 0 0 0 3 0 2 -- 1.000 140 34.2 33 4 6 0 2 30 1 0 12 12 3.12 1.13
1996 36 0 0 0 0 0 2 3 -- .000 112 26.2 20 4 14 0 2 32 1 0 13 13 4.39 1.28
1997 34 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 76 14.2 20 2 12 0 0 14 0 0 9 9 5.52 2.18
1998 44 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 82 18.0 21 1 7 0 3 11 0 0 6 5 2.50 1.56
1999 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 5.1 9 2 3 0 0 5 1 0 3 3 5.06 2.25
阪神 16 9 0 0 0 2 4 0 -- .333 198 44.1 46 6 18 3 2 34 2 1 25 25 5.08 1.44
'99計 24 9 0 0 0 2 4 0 -- .333 225 49.2 55 8 21 3 2 39 3 1 28 28 5.07 1.53
2000 近鉄 27 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 104 22.0 28 6 15 2 1 12 0 0 16 15 6.14 1.95
2001 横浜 32 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 81 17.0 19 3 9 0 3 12 0 0 10 9 4.76 1.65
通算:9年 333 15 1 0 0 17 13 17 -- .567 1375 317.1 318 41 126 5 17 295 8 1 143 138 3.91 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 29 (1993年 - 1999年途中)
  • 17 (1999年途中 - 2000年途中)
  • 26 (2000年途中 - 2001年)
  • 75 (2002年)
  • 101 (2003年 - 2005年)
  • 76 (2006年 - 2009年)
  • 86 (2015年 - 2016年)
  • 77 (2017年)
  • 90 (2018年 - )

関連情報編集

出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 「投球美学にこだわる男の負けず嫌いな性格は」『週刊ベースボール』、1994年2月21日号、P.29
  2. ^ a b c 「セイブの味方・アンパンマン 杉山賢人が強くなるまで」『週刊ベースボール』、1993年7月12日号、P.110
  3. ^ a b c 「『まず1勝!そうすれば1年間やれそうです』」『週刊ベースボール』、1993年3月22日号、P.112
  4. ^ a b c d e 『週刊ベースボール』、1994年2月21日号、P.30
  5. ^ 読売新聞、1991年7月31日付朝刊、P.19
  6. ^ a b 毎日新聞、1994年6月17日付朝刊、P.15
  7. ^ 読売新聞、1991年8月2日付朝刊、P.17
  8. ^ a b 『週刊ベースボール』、1993年3月22日号、P.113
  9. ^ 別冊宝島』1545号、P.79、2008年
  10. ^ 『別冊宝島』1545号、P.80、2008年
  11. ^ a b 毎日新聞、1992年11月18日付朝刊、P.21
  12. ^ 毎日新聞、1992年12月17日付朝刊、P.21
  13. ^ a b c 『週刊ベースボール』、1994年2月21日号、P.31
  14. ^ a b 「ボクらは抑えとして何か足りない!?だから3人で力を合わせて行くんです!!」『週刊ベースボール』、1993年11月20日号、P.22
  15. ^ 読売新聞、1993年11月4日付朝刊、P.19
  16. ^ 読売新聞、1993年12月15日付朝刊、P.19
  17. ^ a b c d e スポニチ 日めくりプロ野球 【7月2日】1994年 アンパンマン、あと1人で“ノーヒットノーラン”逃す
  18. ^ 日本野球機構 1994年度日本シリーズ 試合結果(第5戦)
  19. ^ 読売新聞、1994年12月15日付朝刊、P.16
  20. ^ 読売新聞、1995年12月14日付朝刊、P.17
  21. ^ 読売新聞、1997年9月6日付朝刊、P.25
  22. ^ 読売新聞、1999年11月27日付朝刊、P.20
  23. ^ 読売新聞、2001年11月27日付朝刊、P.27
  24. ^ 来季のコーチ契約について楽天球団公式サイト2009年10月26日配信
  25. ^ ノース レイア監督に杉山賢人氏が就任(日本女子プロ野球機構2013年3月12日付プレスリリース)
  26. ^ 新任コーチに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年11月1日). 2014年11月1日閲覧。
  27. ^ 新入団コーチ契約合意についてのお知らせ埼玉西武ライオンズ公式サイト2017年10月25日配信
  28. ^ 『週刊ベースボール』、1994年2月21日号、P.28

関連項目編集

外部リンク編集