メインメニューを開く

杉 政人(すぎ まさと、明治13年(1880年8月13日 - 昭和26年(1951年11月19日)は、日本海軍の軍人。最終階級は海軍中将岡山県高梁市出身。

目次

経歴編集

海軍機関学校10期。少機関士(機関少尉)として日露戦争に出征し、旅順港閉塞作戦に2度参加している。呉海軍工廠長、軍需局長といった要職を歴任し、機関科出身将校としてはじめて艦政本部長に就任。機関科将校としては異例の出世であり、「海軍機関科史上初の大将の最有力候補」といわれた。しかし本部長在任中に友鶴事件が発生し、引責辞任・予備役編入となった。このため初の機関科出身の海軍大将の誕生はならなかった。制度的には大正14年以降、機関科出身であろうと大将昇進が可能であったが、海軍史上において機関科将校の最高位は機関中将、或いは中将に終わった。

年譜編集

栄典編集

参考文献編集