メインメニューを開く

杉本 勝次(すぎもと かつじ、1895年11月14日 - 1987年1月2日)は日本の政治家衆議院議員福岡県知事などを務めた。

経歴編集

西南学院専門学校(現・西南学院大学)校長などを経て、1946年4月、戦後初の衆議院議員総選挙福岡1区から社会党所属で出馬し当選。1947年4月から2期、福岡県知事を務めて石炭政策を推進した。3期目は出馬せず、1956年3月から久留米市長となる。2期目途中の1963年、5市合併で発足した北九州市長選挙に自民党民社党の推薦を受けて立候補したが吉田法晴に敗れて落選、政界から退いた。1987年1月2日、急性心不全のため91歳で逝去。

1982年キリスト教功労者の表彰を受ける。