メインメニューを開く

人物編集

東京生まれ[1]。旧制東京府立第一中学校を卒業後、旧制東京商科大学一橋大学の前身)で福田徳三ゼミナールに学ぶ。大学の同期に白南雲(元朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議議長)らがいる。

福田門下の学者としてはただ一人、マルクス経済学を専攻していたため、母校に残ることが困難であった。卒後は福田の下で勉強を続けていたが、福田の強い後押しがあったものの、教授会の承認が得られず、1927年、渋沢栄一の孫である尾高豊作尾高朝雄の支援を得て設立され、大塚金之助が所長を務める東京社会科学研究所の研究員に、高島善哉とともに就任[2]

1929年に学部ではなく専門部助教授発令の直後に、福田の働きかけを受けた文部省の令を受けヨーロッパに留学することとなる。当時専門部の助教授を務めていたのは、杉本のほかは、体操の教員だけであった。

留学中は、ベルリン大学などに学び、新明正道とともにカール・コルシュに師事するなどしたのち、キールの景気変動の研究所でワシリー・レオンチェフと机をならべ研究にあたった。

帰国後専門部教授に昇格。中山伊知郎東畑精一と共にシュンペーターに師事)は先輩に当たる。

日本の経済学における計量経済学の導入に力を入れると同時に、恐慌論の分野でも活躍した。「ワルラス的均衡論に対するケンブリッジ学派の意味付与、計量経済学の独自性の評価等々は、マルクス経済学の再検討とともに古典的意義を持つ。」(「近代経済学の解明(下)」より)との評価もあり、近代経済学とマルクス経済学の橋渡しを考えていたと言えるだろう。

指導学生に伊東光晴京都大学名誉教授)[3]浅野栄一中央大学名誉教授)、種瀬茂(第10代一橋大学学長)、宮川公男(一橋大学名誉教授)[4]宮崎義一(京都大学名誉教授、元日本学士院会員[5]真実一男大阪市立大学名誉教授)、玉井龍象金沢大学名誉教授)[6]など。近藤鉄雄(大蔵官僚、元労働大臣[6]なども杉本ゼミナール出身。

略歴編集

著作編集

単著編集

  • 『米穀需要法則の研究』(日本学術振興会、1935年)
  • 『理論経済学の基本問題』(日本評論社、1939年)
  • 『統制経済の原理』(日本評論社、1943年)
  • 『近代経済学の基本的性格』(日本評論社、1949年)
  • 『近代経済学の解明』(上・中)(理論社、1950年、後に岩波文庫、1981年)
  • 『経済学を学ぶ・何をいかに学ぶべきか』(理論社、1952年)
  • 『近代経済学史』(岩波書店、1953年)

共著編集

編著編集

  • 『恐慌』(河出書房、1952年)
  • 『マーシャル経済学選集』(日本評論社、1940年)

訳書編集

  • ロツシャー『英国経済学史論:十六・十七両世紀に於ける』(同文館、1929年)


脚注編集

関連項目編集