杉本良

杉本 良(すぎもと りょう、1887年明治20年)9月10日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚台湾総督府官僚。静岡県金谷町長

経歴編集

静岡県小笠郡日坂村(現在の掛川市)出身[1]1912年大正元年)、高等文官試験に合格し、翌年に東京帝国大学法科大学英法科を卒業[2]朝鮮総督府試補、同事務官台湾総督府専売局事務官、同参事煙草課長課長などを歴任し、1929年(昭和4年)に文教局長に就任した[1][2]

1931年(昭和6年)に退官した後は、金谷町長、静岡市助役、拓殖協会事業部長、大政翼賛会静岡県支部事務局長などを務めた[1][3]

脚注編集

参考文献編集

  • 『静岡市会五拾年史』静岡市役所、1941年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(上)』人事興信所、1943年。