メインメニューを開く

杉村一樹

杉村 一樹(すぎむら かずき、1978年3月19日 - )は、川崎競馬場池田孝厩舎に所属する騎手である。得意な戦法は逃げ

杉村一樹
Kazuki-Sugimura20101127.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県中村市
(現・四万十市
生年月日 (1978-03-19) 1978年3月19日(40歳)
血液型 A型
騎手情報
所属厩舎 池田孝(川崎)
勝負服 胴黄、黒縦縞、袖赤
初免許年 1996年
免許区分 平地
テンプレートを表示

目次

来歴編集

中村市立中村中学校を卒業。この頃幡多郡大方町(現黒潮町)にある競走馬の保養センターの仕事を手伝い始め、馬の世話を教わった後に益田競馬場に移った。そして16歳の頃に騎手学校へ入学し、卒業後中津競馬場杉本和之厩舎所属の騎手となった。

1996年4月6日に騎手デビューし、初騎乗で初勝利を挙げた。

2001年3月22日の開催を最後に当時主催者だった中津市が中津競馬を廃止し、後に荒尾競馬組合に移籍した。8月に荒尾競馬場で再デビューする。

2002年、同僚騎手の小田部雪と結婚[1]

2003年8月17日第3回小倉競馬2日目第9競走伊万里特別(3歳以上500万下)でトキメキローマンに騎乗(18頭立て17番人気18着)し、中央競馬初騎乗。

2007年10月18日10月26日スーパージョッキーズトライアルに初出場。第1ステージではトップ、第2ステージでも上位に入り、合計44ポイントを獲得し総合2位。第21回ワールドスーパージョッキーズシリーズの地方代表補欠騎手に選出された。(出場は果たせず。)

2010年10月4日10月14日にスーパージョッキーズトライアルに二度目の出場。第1ステージ、第2ステージともに2戦1勝。合計47ポイントを獲得し総合優勝を果たす。これにより第24回ワールドスーパージョッキーズシリーズの地方代表騎手に選出された。同年10月22日第9回荒尾競馬4日目第2競走C-17組条件戦をクリノユメヲで優勝(7頭立て1番人気)し、8084戦目で地方競馬通算1000勝達成[2]

2011年限りで荒尾競馬が廃止になったことに伴い、川崎競馬場池田孝厩舎へ移籍した[3]

2017年5月、1年以上にわたり調整室から携帯電話で外部と通信をしたとして川崎競馬組合から騎乗停止30日間の処分を受けた[4]

地方通算成績は9025戦1175勝・2着1136回・3着1087回・勝率13.0%・連対率25.6%(2012年1月13日現在)

中央通算20戦0勝2着1回

主な騎乗馬編集

エピソード編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集