杉村 勇次郎(すぎむら ゆうじろう、1871年9-10月(明治4年8月) - 1959年昭和34年)1月14日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将功四級[2]

杉村 勇次郎
生誕 1871年9-10月
日本の旗 日本 石川県
死没 1959年1月14日
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1891年 - 1917年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
テンプレートを表示

経歴・人物編集

石川県出身[1][2]1891年(明治24年)陸軍士官学校第2期卒業[2][3]

1912年(大正元年)9月に陸軍憲兵大佐神戸連隊区司令官、1913年(大正2年)8月に歩兵第20連隊長、1916年(大正5年)4月に陸軍少将・歩兵第7旅団長を経て、1917年(大正6年)8月に待命、同年12月に予備役に編入した[1][2][3]

著作編集

  • 『局部戦史』兵林館、1900年。
  • 閲『軍隊学術幹部須知』鍾美堂、1902年。
  • 『豊太閤朝鮮役 : 軍事的批判』日本学術普及会、1922年。
  • 『青年訓練所教練指導要領』赤炉閣、1931年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本陸軍将官辞典』391頁。
  2. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』100頁。
  3. ^ a b 『日本陸軍将官辞典』392頁。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。