杉村 新(すぎむら あらた、1923年6月28日 - )は、日本地震学者。

東京生まれ。父は東京文理科大学学長の杉村欣次郎。伯父は杉村陽太郎旧制静岡高等学校から東京帝国大学理学部地質学科に進学、卒業した。

1961年、「日本及びその附近における地球物理学的岩石学的諸現象の帯状配列」で理学博士号を取得する。東京大学理学部助手を経て、1974年神戸大学理学部教授。上田誠也とともに弧状列島の火山、地震、テクトニクスを研究。火山フロント(火山前線)の概念を初めて導入した[1]

著書編集

単著編集

共編著編集

  • 『地質図の書き方と読み方』(藤田和夫池辺穣との共著)古今書院、1955年
  • 『弧状列島』(上田誠也との共著)岩波書店《現代科学選書》、1970年
  • 『新編日本地形論』(吉川虎雄貝塚爽平太田陽子阪口豊との共著)東京大学出版会、1973年
  • 『世界の変動帯』(上田誠也との共編)岩波書店、1973年
  • 『岩波講座地球科学 10 変動する地球 1 現在および第4紀』(笠原慶一との共編)岩波書店、1978年
  • 『図説地球科学』(中村保夫井田喜明との共編)岩波書店、1988年

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]