メインメニューを開く

杉村 清子(すぎむら せいこ)は日本の女子陸上競技選手。専門は短距離走、走り幅跳び。日本女子体育大学卒。

獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア競技大会
1951 ニューデリー 100m
1951 ニューデリー 走り幅跳び
1951 ニューデリー 4×100mリレー

1949年日本陸上競技選手権大会の走り幅跳びで優勝、翌年にも同競技で優勝し、2連覇を達成した。1951年にはニューデリーで開催された第1回アジア競技大会で100m、走り幅跳び、4×100mリレー(岡本貴美子佐藤妙子吉川綾子英語版と出場)の3競技で優勝している。

1952年ヘルシンキオリンピックでは代表候補に選ばれていたが、結核に罹患したことにより出場ができなかった[1]

出典編集

外部リンク編集