メインメニューを開く

杉江 勘兵衛(すぎえ かんべえ)は、安土桃山時代武将石田三成の家臣。

 
杉江勘兵衛
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 慶長5年(1600年
主君 稲葉良通石田三成
氏族 杉江氏
テンプレートを表示

略歴編集

当初は稲葉良通に仕えたが、後に石田三成に仕える。同じ石田家臣の島清興前野忠康と並んで勇猛さを謳われた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、岐阜城に進軍中、藤堂高虎黒田長政田中吉政の兵と河渡で交戦(木曽川・合渡川の戦い)し、吉政の家臣・辻重勝に討たれた。

辻重勝(勘兵衛)、藤堂高虎家臣・渡辺了(勘兵衛)と並んで「三勘兵衛」と言われる。