メインメニューを開く

杉浦一徳(すぎうら かずのり)とは青森県出身のゲームプロデューサーである。

青森公立大学の経営経済学部・経営経済学科を卒業、後の2006年にカプコンへ入社する。
現在はモンスターハンター フロンティア オンライン(以下MHF)のプロデューサー兼 東京開発部長を務める。 

運営を務めるMHFは2012年7月で正式サービス開始5周年を迎え、2010年「Amazon PCゲーム部門1位」[1]
「BCNランキング PCゲーム部門1位」「WebMoneyAward BestGames賞」[2]の受賞に加え、オンラインプレイヤー人口は累計200万人[3]を突破。PCオンラインゲーム界の最大級タイトルへと成長を遂げる。

目次

人物編集

元々はオンラインゲーム開発部所属ではなかったが、妻がオンラインゲームを始めたことが進出への契機となる。[4]

プロデューサーとしての特徴として、積極的に動画等のメディアを利用したプレイユーザーらへの情報の開示・意見の反映状況の説明等を行っており、これは他オンラインゲームプロデューサーにはあまり見受けられない活動として高い評価を得ている。[5]

動画メディア以外では大手ゲームサイト等でのインタビュー記事に多く登場しており、こちらではゲーム内容の情報開示に問わず、様々な話題を発展させている。[6]

2009年にはCEDEC[注釈 1]で講演を行い、[7][8]2010年度での同じくCEDECでは「CEDEC AWARDS 2010 ノミネーション委員会」の委員を担当した。[9]

2011年よりソーシャル事業を手掛け、リリースしたタイトルは瞬く間にさまざまな賞を獲得した。[10][11][12]また、最近では部門の社内採用においても積極的に登場している。[13]

主な関連作品編集

関連作品受賞歴編集

  • モンスターハンター フロンティア オンライン 2008年 Amazon PCゲーム部門1位
  • モンスターハンター フロンティア オンライン 2009年 Amazon PCゲーム部門1位
  • モンスターハンター フロンティア オンライン 2010年 Amazon PCゲーム部門1位
  • モンスターハンター フロンティア オンライン 2008年 WebMoney Award BestGames賞(2009年以降はエントリーなし)
  • モンスターハンター フロンティア オンライン Yahoo! JAPAN 5000万人が選ぶ!ネット番付2010決選投票! 第10位
  • モンスターハンター フロンティア オンライン ファミ通調べ、2010年ゲームソフト売り上げ XBOX360部門 第1位
  • モンスターハンター フロンティア オンライン オンラインゲーム ネットカフェ稼働ランキング 第1位[14]
  • バイオハザードアウトブレイク サバイヴ GREE Platform Award 2011 優秀賞[15]
  • モンハン探検記 まぼろしの島 GREE Platform Award 2011 優秀賞[16]
  • モンハン探検記 まぼろしの島 GREE Platform Award 2012 RPG最優秀賞[17]
  • みんなと モンハンカードマスター Mobage Award 2011 Gold Prize[18]
  • 鬼武者Soul(ソウル) 2012年 WebMoney Award Rookie of the Year BestGames賞[19]
  • 【Xbox360ダウンロード販売ランキング】『モンスターハンター フロンティアG』連続首位更新[20]
  • deepdown 日本ゲーム大賞2013 フューチャー部門 受賞[21]
  • Xbox Live 2013年オンラインゲームランキング プレイヤー数1位&総プレイ時間1位[22]

カプコン社内における貢献度編集

  • 2011年3月期の連結業績は、前期に比べ売上高46.2%増、営業利益155.8%増と好調に推移~大型タイトルの好調な販売により、過去最高売上高を達成~[23]
  • コンシューマ・オンラインゲーム事業も「モンスターハンター フロンティア オンライン」等が健闘[24]
  • 2012年3月期第3四半期連結業績は12月に投入したソーシャルゲーム『モンハン探検記 まぼろしの島』が配信から10日で登録会員数50万人を突破するなど、堅調な出足[25]
  • カプコン、gloopsとの共同開発『みんなと モンハン カードマスター』の会員数が100万人を突破![26]
  • カプコン、gumiとの共同開発『モンハン探検記 まぼろしの島』の会員数が100万人を突破![27]
  • オンライン専用ゲームの『モンスターハンター フロンティア オンライン』シリーズ(パソコン、Xbox 360用)が安定した人気に支えられ好調裡に終始[28]
  • 【決算】カプコンのソーシャルゲームの4Q営業益は前四半期比120%増と急成長…『モンハン』とビーラインタイトルが貢献[29]
  • カプコンが2013年3月期第1四半期決算短信を発表。オンラインコンテンツ売上の拡大などにより、前年同期から売上高55.8%増、営業利益244.4%増の大幅な増収増益[30]
  • 【開発者インタビュー2012】「Vol.3 CS開発統括 東京開発部 部長 杉浦 一徳」を掲載しました。[31]
  • ゲーム株概況 カプコンが上昇、PS3版モンハンFGのユーザー「20万人突破」に高評価 [32]
  • カプコンが損失50億円 一部ゲームの開発を中止、26年3月期は収益性が高いスマホ向けゲームが軒並み苦戦し、パソコンのオンラインゲーム「モンスターハンター フロンティア G」も不振     ユーザを2万人減らす[要出典]
  • オンラインゲームの『モンスターハンター フロンティア GG』(パソコン、Xbox 360、プレイステーション3、Wii U用)は健闘[33]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ コンピュータエンターテインメント協会が主催する、日本最大級のゲーム開発者カンファレンス。

出典編集

  1. ^ 2010年上半期 ランキング PCソフト(2012年7月28日時点のアーカイブ
  2. ^ WebMoney Award 2008 ベストゲームス賞
  3. ^ MHF200万ハンターありがとう!無料でモンハンフロンティアウィーク
  4. ^ クリエイターズファイル「『MHF』ほど思い入れが深い作品はない」杉浦一徳さん(2008年1月18日時点のアーカイブ
  5. ^ MHFシーズン5.5×ファミ通TV特番(2009年9月23日時点のアーカイブ
  6. ^ 「MHF」運営プロデューサーインタビュー:新たな要素に挑戦し続けるシーズン9.0では,フィールドとモンスターが連動するギミックも
  7. ^ モンスターハンター フロンティア オンライン(MHF)のビジネス概論
  8. ^ 成功の鍵は組織作りにあり! CEDEC 2009で講演する「MHF」運営プロデューサー杉浦一徳氏に聞くオンラインゲーム運営の秘訣について
  9. ^ CEDEC AWARDS 2010 ノミネーション委員会
  10. ^ Mobage「みんなと モンハン カードマスター」配信予定のカプコン杉浦氏に聞くチャレンジを繰り返すカプコンが見据えるソーシャルゲーム事業の展開
  11. ^ 「GREE Platform Conference 2012」セッションレポートその2世界展開に向けて、キャリア、メーカー、開発者の視点
  12. ^ 海外で売れるためにどうするか? 国内トップクリエイターが考えるグローバル展開【GREE Platform Conference 2012】
  13. ^ カプコン 採用説明会&選考会開催!|ファミ通.com(2012年4月6日時点のアーカイブ
  14. ^ オンラインゲーム ネットカフェ稼働ランキング
  15. ^ グリー、「GREE Platform Award 2011」で18タイトルを表彰
  16. ^ グリー、「GREE Platform Award 2011」で18タイトルを表彰
  17. ^ 「GREE Platform Award - The first half of 2012 -」、アプリ17タイトルの受賞を発表
  18. ^ DeNA、「Mobage Award 2011」で受賞企業と受賞タイトルを発表
  19. ^ WebMoney Award 2012
  20. ^ Xbox360ダウンロード販売ランキング
  21. ^ 日本ゲーム大賞2013 フューチャー部門 受賞(2013年12月11日時点のアーカイブ
  22. ^ Xbox 360版『MHF-G』がXbox Live 2013年オンラインゲームランキングで、プレイヤー数1位&総プレイ時間1位の2冠を達成!
  23. ^ オンライン専用ゲーム『モンスターハンター フロンティア オンライン』(パソコン用、Xbox 360用)も好調裡に推移
  24. ^ 平成24年3月期第2四半期(累計)業績予想数値の修正(平成23年4月1日~平成23年9月30日)
  25. ^ ソーシャルゲームの伸長によるモバイル事業の拡大で、通期の計画達成へ向け邁進
  26. ^ コンテンツとソーシャルの相乗効果により、わずか1ヵ月での記録達成
  27. ^ 国民的人気コンテンツがソーシャルゲームでも確固たる地位を確立
  28. ^ 2012年3月期連結業績(2011年4月1日~2012年3月31日)
  29. ^ 第4四半期(2012年1-3月期)に入って売上高、営業利益ともに急伸
  30. ^ 前期に配信を開始したソーシャルゲーム『みんなと モンハン カードマスター』が引き続き底堅い売上を示したほか、『バイオハザード アウトブレイク サバイヴ』が着実に新規ユーザーを増やしたことにより会員数は200万人を突破
  31. ^ 【開発者インタビュー2012】急拡大を続けるオンライン・ソーシャルゲーム市場
  32. ^ ゲーム株概況 カプコンが上昇、PS3版モンハンFGのユーザー「20万人突破」に高評価
  33. ^ 2015年3月期第1四半期の連結業績

関連項目編集

外部リンク編集