杉浦 勝吉(すぎうら かつよし)は、戦国時代から安土桃山時代武将松平氏徳川氏の家臣。

 
杉浦勝吉
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
死没 慶長16年12月9日1612年1月11日
別名 八郎五郎
戒名 道喜
墓所 燈明寺(神奈川県横浜市
主君 松平広忠徳川家康
氏族 和田氏支族杉浦氏
父母 杉浦吉貞
兄弟 勝吉勝重
筧重成の娘
杉浦勝次
テンプレートを表示

生涯編集

松平広忠に仕え、その没後の弘治元年(1555年蟹江城の戦いで父吉貞らとともに奮戦し、蟹江七本槍の異名をとった。弘治2年(1556年福谷城の戦いでは援軍として駆けつけて織田軍を撃退した。永禄2年(1559年大高城兵糧入れでは斥候を務め、敵勢の動きを看破して味方の進軍を進言し、兵糧入れを成功に導いた。永禄6年(1563年三河一向一揆の蜂起では父や大久保忠俊一門らとともに上和田砦に籠城して針崎一揆と戦った。以後、三方ヶ原の戦い長篠の戦い小牧・長久手の戦いなどで活躍。天正19年(1591年相模鎌倉郡小雀に300石を与えられ、晩年はこの地に隠棲した。

参考文献編集