杉浦幸

杉浦 幸(すぎうら みゆき、1969年4月5日 - )は、日本の女優、歌手、女流雀士。80年代アイドル。

すぎうら みゆき
杉浦 幸
プロフィール
別名義 パチドル
愛称 幸ちゃん
生年月日 1969年4月5日
現年齢 48歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 AB型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
デビュー 1985年
モデル: テンプレート - カテゴリ

以前は、株式会社ホリプロに所属していたが1990年を以って退社。2011年2月を以って株式会社ファイブシーズン・プロダクションを退所し、2011年3月よりフリーで活動している。

目次

人物

1969年昭和44年)生まれ。東京都東村山市出身。

経歴

1985年(昭和60年)、中学卒業後に雑誌『Momoco』の5月号に登場し注目される(桃組出席番号1173番)。同年12月、フジテレビ系の大映ドラマ『ヤヌスの鏡[1]で多重人格のヒロイン役で芸能界デビュー。

また翌年の1986年(昭和61年)1月には、シングル『悲しいな』でアイドル歌手としてもデビュー。同曲はオリコンのウィークリーチャートで4位となり、15万枚を売り上げた。「あ、まなざし」というキャッチコピーのもと、あどけない顔立ち、少し不安そうな切ない表情が同世代を中心に人気を得る。

Momoco』では、西村知美島田奈美とともに「桃組三人娘」と呼ばれ、可愛らしい清純派アイドルとして売り出そうとしていた。

しかし、本人曰く『デビュー前は不良』という経歴を持っている[2]ため、当時のアイドルに求められていたブリッ子の要素を『子供っぽい』と嫌う衒いが徐々に見受けられるようになる。『毒舌アイドル』と揶揄されるほど辛辣な言葉も使うようになり、同期デビュー、同じ事務所所属の山瀬まみをラジオ共演中に吐き捨てるような一言で泣かせた経験も持つ。

1990年、当時の担当マネージャーが一方的に起こしたトラブルに巻き込まれ、退社を余儀なくされる状況に追い込まれてしまったため、それまで所属していたホリプロを退社して移籍。その後は以前から趣味でもあるパチンコに傾倒、更に造詣を深め、CSテレビ放送のパチンコ番組のMCやパチンコ雑誌での露出が増え、「パチドル(パチンコ・アイドル)」と称された時期もある。現在はバラエティーやテレビショッピングにも出演している。

エピソード

  • アイドル時代は「桃組三人娘」の西村知美島田奈美と仲が良く、時間があると電話や手紙のやり取りをしたり互いのライブを観にいくなど親交が深かった。
  • 2003年TBSロンロバハイティーンブギ』において、チャリティー番組『24時間テレビ』の楽屋で待機中、歌手・森川美穂と殴り合いになりかけた事を暴露した(ADが制止してその場は収まったらしいが、本番に入ってからも森川とは目も合わせる事なく、淡々と募金の呼びかけをしていたとのこと)。
  • 2005年11月2日放送の『愛のエプロン』では80年代アイドル対決の回に初登場。オムレツラザニアを作ったが、オムレツは味がまとまらず、ラザニアに使うパスタは生のままだったことに加え、チーズと間違えてバターをブロックごと大量に使用したため、バターがオーブンの熱で溶けて、油分が底に溜まってしまった。酷い味に仕上がり、ジャッジは最下位。それまでこの番組で多くのジャッジマンを地獄へ導いたインリン・オブ・ジョイトイや初代ワーストエプロン女王である堀越のりを越えるとまで言われた。「エチケットタイム」(ジャッジマンがあまりのマズさに耐え切れず、リバースをすること)では、見苦しい映像の代わりに『ヤヌスの鏡』の映像が流れていた。
  • ドラマ『このこ誰の子?』に出演していた際、相手役である岡本健一のファンからカミソリやゴキブリの死骸が送られて来たことがあり、酷いときには段ボール2箱分もあった。さらに、イベントでその岡本と一緒に登場したときには「帰れ!」と罵声を浴びせられ、非常に落ち込んだという。
  • ドラマ『ヤヌスの鏡』で共演した初井言榮には「(杉浦を)いじめないでください」と杉浦のファンから多くの手紙が届いた。劇中で、初井は杉浦演じる主人公を体罰をもって厳しくしつける厳格な祖母の役であった。実際には、杉浦がスタッフに叱られた際など庇ってくれたり、演技のアドバイスをしてくれるなど、「本当に優しい良い人で、大好きだった」と語っている[3]
  • デビュー20周年記念アルバム『STILL CONTINUING LIVING』を自主制作でリリース。
  • 2013年2月1日放送の『爆報! THE フライデー』では、『ヤヌスの鏡』で共演した大沢逸美がぶっちゃけ大嫌いだったと、大沢本人の目の前で発言した。嫌いな理由は、当時大沢に挨拶をし無視をされたからである。現在は互いに大人になり和解した様子だった[4]

出演

テレビドラマ

その他のテレビ

  • パチプロ放浪記(CS放送〜Bigチャンネル)
  • パーラードンキホーテII年末年始大感謝祭 杉浦幸炎のリベンジ(CS放送~Bigチャンネル)
  • 杉浦幸の必勝!パチ塾(CS放送〜MONDO21
  • 玉パラワイド(京都放送 2006年10月)- パーソナリティー「Queen MIYUKI」として
  • Oh!どや顔サミット(2012年1月27日・4月20日、ABC

映画

ビデオシネマ

CM 他イメージモデルなど

TEEN'S STATION『リップアミュレット』イメージガール(店頭ポスター、ラジオCM、雑誌広告)
カフェゼリー

ディスコグラフィー

シングル

No. タ イ ト ル 発 売 日 最高位 作者 備 考
1st 悲しいな 1986年1月27日 4位(15万6千枚) 作詞: 売野雅勇
作曲: 岸正之
編曲: 若草恵
-
B/W : 初めまして
作詞:売野雅勇 作曲:中崎英也 編曲:若草恵
(CDシングル『悲しいな』 c/w: 4月列車(10SL-112)は
1988年3月25日発売)
2nd 4月列車 1986年4月21日 7位(4万9千枚) 作詞: 秋元康
作曲: 井上大輔
編曲: 矢島賢
-
B/W : 私がいない
作詞:秋元康 作曲:井上大輔 編曲:新川博
(CDシングル『悲しいな』 c/w: 4月列車(10SL-112)は
1988年3月25日発売)
3rd 六本木十時軍 1986年7月21日 13位(3万枚) 作詞: 栃内淳
作曲: 渡辺勝
編曲: 矢島賢
-
B/W : 真夏のアマン
作詞:今村未仁 作曲:渡辺勝 編曲:矢島賢
(CDシングル『六本木十時軍』 c/w: 午前0時の I NE
ED YOU』(10SL-113)は1988年3月25日発売)
4th 午前0時の I NEED YOU 1986年11月17日 23位(1万7千枚) 作詞: 栃内淳
作曲: 西村麻聡
編曲: 西村麻聡
-
B/W : √17(ルートセブンティーン)
作詞:栃内淳 作曲:古竪整 編曲:戸塚修
(CDシングル『六本木十時軍』 c/w: 午前0時の I NE
ED YOU(10SL-113)は1988年3月25日発売)
5th -045- 1987年2月25日 33位(1万4千枚) 作詞: 田口俊
作曲: 佐藤健
編曲: 戸塚修
-
B/W : やさしすぎる、寂しすぎる
作詞:麻生圭子 作曲:和泉常寛 編曲:戸塚修
(CDシングル『-045-』 c/w: 花のように(10SL-114)
は1988年3月25日発売)
6th 花のように / 砂浜にルージュ 1987年6月10日 14位(3万2千枚) 作詞: 矢野顕子
作曲: 矢野顕子
編曲: 若草恵
初の両A面シングル
01. 花のように
グリコ協同乳業 '87 CMソング
02. 砂浜にルージュ
作詞:麻生圭子 作曲:佐藤健 編曲:若草恵
(CDシングル『-045-』 c/w: 花のように(10SL-114)
は1988年3月25日発売)
7th 18のSecret 1987年11月10日 43位(8千枚) 作詞: 伊秩弘将
作曲: 伊秩弘将
編曲: 若草恵
杉浦幸としての実質上のラストシングル
B/W : 愛してあげる
作詞:栃内淳 作曲:矢島マキ 編曲:若草恵
サントラ盤 パチンコ~ミュージック~フロム
~SANKYO SPECIAL
~愛のパチパチロック~
1996年2月21日 作詞:
作曲:
編曲:
愛のパチパチロック
杉浦幸 with P.P.O. 名義での作品
キングレコード、KICA-1173 に収録


アルバム

タ イ ト ル 発 売 日 最高位 収 録 曲
1st First 1986年3月26日
(CD:4月25日)
9位(2万枚) 01. ヴァージン・ティアーズ
02. ドラマ
03. 悲しいな
04. 瞳はテレパシー
05. 仮名の告白
06. ヨコハマ・シャドウ
07. 友達
08. 初めまして
09. 秘密
10. ミステリアス
2nd Ten at Nite 1986年9月10日
(CD:9月25日)
33位(8千枚) 01. 夜を盗んで
02. 近道(ショートカット)
03. 過去形へ
04. 0(ゼロ)夜曲(セレナーデ)
05. 4月列車
06. GOMEN -脆いシーズン-
07. 六本木十時軍
08. フォグランプ
09. 肩ごしに…
10. 8月のサンタクロース
Mini newoman -新女類- 1986年12月16日
(CD:12月21日)
48位(4千枚) 01. タイムス -100まで数えて-
02. 原宿式
03. Advantage You
04. 曖昧(アドリブ)
05. 黄昏発 -6時17歳-
06. ノン・シビア
Best 幸STORY 1987年12月10日 01. 悲しいな
02. 二年目(ジンクス)
03. 六本木十時軍
04. 18のSecret
05. ナイーヴ(NAIVE)
06. 花のように
07. 午前0時の I NEED YOU
08. -045-
09. 4月列車
10. せつなさのPOSITION

M-02,M-05,M-10 は未発表曲
再発廉価盤 Q盤 音泉1500 SERIES
First +3
1996年4月25日 01. ヴァージン・ティアーズ
02. ドラマ
03. 悲しいな
04. 瞳はテレパシー
05. 仮名の告白
06. ヨコハマ・シャドウ
07. 友達
08. 初めまして
09. 秘密
10. ミステリアス
11. 二年目(ジンクス)
12. ナイーヴ(NAIVE)
13. 18のSecret
再発廉価盤 Q盤 音泉1500 SERIES
Ten at Nite +4
1996年4月25日 01. 夜を盗んで
02. 近道(ショートカット)
03. 過去形へ
04. 0(ゼロ)夜曲(セレナーデ)
05. 4月列車
06. GOMEN -脆いシーズン-
07. 六本木十時軍
08. フォグランプ
09. 肩ごしに…
10. 8月のサンタクロース
11. 午前0時の I NEED YOU
12. -045-
13. 花のように
14. せつなさのPOSITION
20周年記念 20th Happy Anniversary
STILL CONTINUING LIVING
2005年12月21日 01. 悲しいな
02. 今夜はANGEL
03. やさしすぎる、寂しすぎる
04. 悲しいな (カラオケ)
05. 今夜はANGEL (カラオケ)
06. やさしすぎる、寂しすぎる (カラオケ)
07. From Miyuki 4 U

自主制作による、芸能界デビュー20周年記念アルバム
M-01,M-03 セルフカヴァー
M-02 椎名恵のデビューシングルで杉浦自身の女優デビ
ュー作、テレビドラマ『ヤヌスの鏡』主題歌のカヴァー
Best 悲しいな コンプリート・シングルス 2015年3月4日 01. 悲しいな
02. 初めまして
03. 4月列車
04. 私がいない
05. 六本木十時軍
06. 真夏のアマン
07. 午前0時の I NEED YOU
08. √17(ルートセブンティーン)
09. -045-
10. やさしすぎる、寂しすぎる
11. 花のように
12. 砂浜にルージュ
13. 18のSecret
14. 愛してあげる
15. 悲しいな (カラオケ)
16. 4月列車 (カラオケ)
17. 六本木十時軍 (カラオケ)
18. 花のように (カラオケ)

1987年発売の初のベストアルバム『幸STORY』から
28年目・歌手デビューより29年目にして、
CD音源未収録であったシングルB面を完全収録した、
初の全シングルAB面を収録したシングルコンプリート
ベストアルバム。
30周年記念
Best
30th Anniversary Complete CD+DVD Box 2016年8月24日 Disc1:First
Disc2:Ten at Nite
Disc3:newoman -新女類-
Disc4:幸STORY+6
Disc5:STILL CONTINUING LIVING
Disc6:First(DVD)

歌手デビュー30周年、最新デジタル・リマスタリング作品。
ワーナー時代の全音源・映像作品。
映像作品として、ファースト・ビデオ『First』を初のDVD化。
『幸STORY』にはボーナストラックとして、「初めまして」
を除いたアルバム未収録のB面6曲を新たに収録。
さらに2005年発売の20周年記念盤CD『STILL CONTINUING
LIVING』まで完全収録した全6枚組(CD5枚、DVD1枚)。


ビジュアル

DVD~VIDEO

  • First(1986年、VHSβLDワーナーパイオニア)
  • Siglo de oro 金色の時刻(とき)(1989年、VHS、東宝)
  • アイドル黄金伝説(2001年、VHS、ブロードウェイ)
  • WILLS ~生まれたままのワタシ~(2002年、VHS~DVD、竹書房)
  • ヌード~メイキング~ビデオ(2002年、DVD)
  • Mai lani(2003年、DVD、竹書房)ISBN 978-4812412602
  • My Sweet Lover(2010年、日本メディアサプライ)
  • BONHEUR(2012年6月、キングダム
  • 華〜HANA〜(2012年8月、キングダム)
  • 密〜MITSU〜(2012年10月、キングダム)
  • 雫〜SHIZUKU〜(2012年12月、キングダム)

写真集

脚注

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.73.
  2. ^ 「Oh!どや顔サミット」2012年4月20日放送分 - goo tv(関東版),2017年3月31日閲覧
  3. ^ ハウス~オブ~ドレッド編著、「懐かしの青春ドラマ大図鑑」、ジャパン~ミックス㈱1997年6月25日発行(杉浦幸インタビュー、147ページ)
  4. ^ 「爆報!THE フライデー」2013年2月1日放送分 - goo tv(関東版),2017年3月31日閲覧

外部リンク