杉浦幸雄

杉浦 幸雄(すぎうら ゆきお、1911年6月25日 - 2004年6月18日)は日本漫画家

杉浦 幸雄
生誕 1911年6月25日[1][2]
日本の旗 日本東京府東京市[1]本郷区
死没 (2004-06-18) 2004年6月18日(92歳没)[1][3]
日本の旗 日本東京都目黒区[1]
職業 漫画家
称号 紫綬褒章[3]
勲四等旭日小綬章[3]
活動期間 1931年 - 2004年
ジャンル 風刺漫画
ナンセンス漫画
代表作 ハナ子さん
アトミックのおぼん
受賞 第2回文藝春秋漫画賞[1]
日本漫画家協会賞審査員特別賞
テンプレートを表示

街場の女性のファッションや仕草を題材にして、ユーモアと「独特のお色気[4]」を融合させた「風俗漫画[1][3]」と称するナンセンス漫画を長年にわたって執筆したことで知られる。90代を超えても雑誌連載で活動し、死去する直前まで執筆。生涯現役を貫いた。

目次

略歴編集

本郷区(のちの文京区本郷元町出身。生家は旗本の末裔で、裕福に育った[4]。『アサヒグラフ』に連載されたジョージ・マクマナスの『親爺教育』の影響で漫画家を志し、学業のかたわら、本郷絵画研究会へ通う[1]旧制郁文館中学卒業後の1929年から、岡本一平に師事[1][2]。父親の友人であった緒方竹虎の紹介だったという。この通称「一平塾[4]」で、のちに活動をともにする近藤日出造と出会う。

その後、演劇に熱中し、学生劇団「テアトル・コメディ」の座員になる[4]。ところがデビューの初日、父親の会社が倒産し、生家が破産。杉浦は役者になるのを断念し、漫画雑誌に投書して賞金を稼ぎ、家族を養った[4]。『ブリタニカ国際大百科事典』では、『アサヒグラフ』への投稿が掲載された1931年を杉浦のデビュー年としている[1]1932年に、近藤日出造、横山隆一らと杉浦の自宅で会合を開き、漫画プロダクションの性格を持った若手漫画家の団体「新漫画派集団」を結成[2][4]。当初は「漫画集団」という名になる予定だったが、杉浦が「野獣派などと同じように主義主張を持つグループとして」「派という文字を入れろ」と強く主張し、改められた[4]。やがて「新漫画派集団」は、ナンセンス漫画のブームを起こす。

杉浦は1933年、近藤らとともに読売新聞社漫画部の嘱託となり、日曜版別刷りの「読売サンデー漫画」などに執筆した。また、1938年から『主婦の友』に連載開始した『銃後のハナ子さん』が大ヒットし、一躍人気漫画家となる[1]。この作品は後に主人公のモデルである轟夕起子の主演で映画化されて主題歌と合わせてヒットし[1]、戦後も『ハナ子さん』の題名で描き継がれた。1940年に発足した、近藤率いる新日本漫画協会の機関紙『漫画』にも作品を発表した。

戦後、横山・近藤・清水崑らとともに「新漫画派集団」を結成時の予定された名である「漫画集団」に改組。『アトミックのおぼん』『軽風流白書』など、女性を描いた作品を書き続ける。1964年日本漫画家協会の設立に関わり[5]、やがて1976年に日本漫画家協会理事長に就任[6]1981年に理事長職を加藤芳郎にゆずり、自身は会長に就任した[7]1985年には名誉会長に就任している[1][8]1983年から中日マンガ大賞の審査員。

2004年6月18日に肺炎のため東京都目黒区内の病院で死去[3]。死去時点で、最後の明治生まれの現役漫画家だった[4]

受賞・受章歴編集

人物編集

  • 小説家の今日泊亜蘭とは中学生の頃からの親友であり、一時期断交するものの最終的には杉浦が死去するまで交友が続いた。
  • 晩年の横山隆一は、若き日の杉浦を「軽佻浮薄をそのまま人間にしたような感じだった。ルパシカを着て、築地帽をかぶってね。歯切れのよい江戸っ子弁で当時の新知識をよくしゃべっていた」と述懐している。杉浦自身も「今考えりゃ、気障で鼻持ちならない若者だった」と回想している[9]
  • 弟子に西澤勇司富永一朗らがいる。
  • 1988年10月24日に帝国ホテルで開催された喜寿祝いパーティーの際、30年通っていた銀座のバー経営者で小唄柴流家元の女性との婚約を発表し、話題となった[4]

作品リスト編集

同作の登場人物が『サザエさん』『フクちゃん』のキャラクターたちと共演する長谷川町子・横山隆一との合作によるクロスオーバー作品『愉快な家族』がある。

著書編集

  • 昭和マンガ通俗史
  • 漫画人生読本
  • 猫が通れば道理引っ込む
  • 漫画人生読本「たのしきかな人生」
  • 漫画交遊録
  • わが漫画人生「一寸先は光」
  • 漫画エッセイ「おいしいネ」

メディア出演編集

テレビドラマ

関連書籍編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 杉浦幸雄 コトバンク - 典拠は『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』『デジタル大辞泉』『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』『世界大百科事典』
  2. ^ a b c 漫画集団(編)『漫画集団漫画集』グラフィック社、1972年 pp.108-109
  3. ^ a b c d e f g 風俗漫画の杉浦幸雄さんが死去 日刊スポーツ、2004年6月18日
  4. ^ a b c d e f g h i 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』 毎日新聞社、1990年 pp.10-20「新漫画派集団の誕生」
  5. ^ 『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』pp.64-66
  6. ^ 日本漫画家協会の歩み 1976年 公益社団法人日本漫画家協会
  7. ^ 日本漫画家協会の歩み 1981年 公益社団法人日本漫画家協会
  8. ^ 日本漫画家協会の歩み 1985年 公益社団法人日本漫画家協会
  9. ^ a b 上田康晴「漫画サンデー七転八倒記」ACT.12 春風駘蕩の人・杉浦幸雄 eBookJapan