メインメニューを開く

杉田 弘毅(すぎた ひろき、1957年 - )は日本ジャーナリスト共同通信社ワシントン支局長等を経て、同社論説委員長。早稲田大学アジア太平洋研究センター特別研究員中央大学総合政策文化研究所客員研究員法政大学沖縄文化研究所研究員等を歴任。

人物・経歴編集

愛知県出身[1]東京都立上野高等学校を経て[2]、1980年一橋大学法学部卒業[3]共同通信社入社[4]大阪社会部を経て、1989年から外信部[5]ソヴィエト連邦中東移動特派員としてソ連崩壊湾岸戦争の取材を担当したのち[1]テヘラン支局長、ニューヨーク特派員ワシントン特派員[4]、外信部次長[5]、外信部副部長、ワシントン支局長を経て、2010年編集委員論説委員。2013年編集委員室長[4]、2016年論説委員長[6]

この間、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科非常勤講師国際交流基金日米センター安倍ジャーナリスト・フェローシップ選考委員、特定非営利活動法人言論エヌピーオー東京-北京フォーラム実行委員[6]、全米記者協会国際委員[1]日本記者クラブ企画委員、早稲田大学アジア太平洋研究センター特別研究員中央大学総合政策文化研究所客員研究員法政大学沖縄文化研究所研究員[4]如水会理事[7]等を歴任。

専門は、アメリカ合衆国の政治日米関係中東核兵器などで[1]ジョージ・W・ブッシュアメリカ合衆国大統領や、ウラジーミル・プーチンロシア連邦大統領へのインタビューを行い、ジャパンタイムズなどにも寄稿[8]

著書編集

  • 『検証 非核の選択』岩波書店 2005年
  • 『さまよえる日本』(川村亨夫と共著)生産性出版 2008年
  • 『アメリカはなぜ変われるのか』ちくま新書 2009年
  • 『入門 トランプ政権』(監修)共同通信社 2016年
  • 『「ポスト・グローバル時代」の地政学』新潮選書 2017年

注釈編集