杉田敦 (政治学者)

杉田 敦(すぎた あつし、1959年4月30日 - )は日本の政治学者法政大学教授。専攻は、政治理論政治思想史群馬県伊勢崎市生まれ、東京育ち。みんなで決めよう「原発」国民投票の代表を務める[1]

目次

略歴編集

関係者編集

制度的な指導教官は福田歓一。1期上の兄弟子に川崎修がいる[要出典]

著作編集

単著編集

  • 『権力の系譜学――フーコー以後の政治理論に向けて』(岩波書店, 1998年)
  • 『権力』(岩波書店, 2000年)
  • 『デモクラシーの論じ方――論争の政治』(ちくま新書, 2001年)
  • 『境界線の政治学』(岩波書店, 2005年)
  • 『政治への想像力』(岩波書店, 2009年)
  • 『3・11の政治学 震災・原発事故のあぶり出したもの』2012 かわさき市民アカデミー講座ブックレット
  • 『政治的思考』(岩波書店[岩波新書], 2013年)

共著編集

編著編集

  • 『岩波講座憲法(3)ネーションと市民』(岩波書店, 2007年)
  • 丸山眞男セレクション』(平凡社平凡社ライブラリー], 2010年)
  • 『連続討論 「国家」は、いま――福祉・市場・教育・暴力をめぐって』(岩波書店, 2011年)
  • 『政治の発見(7)守る──境界線とセキュリティの政治学』(風行社, 2011年)

共編著編集

訳書編集

脚注編集