杉田玄白

江戸時代の蘭学医

 

杉田玄白
Sugita Genpaku.jpg
杉田玄白(石川大浪筆、重要文化財
生誕享保18年9月13日1733年10月20日
江戸牛込
死没文化14年4月17日1817年6月1日
著名な実績解体新書』(『ターヘル・アナトミア』の和訳)
親戚父:杉田玄甫、母:八尾氏の娘、養子:杉田伯元
医学関連経歴
職業 蘭学医(町医者、小浜藩医)

杉田 玄白(すぎた げんぱく、享保18年9月13日1733年10月20日〉 – 文化14年4月17日1817年6月1日〉)は、江戸時代蘭学医若狭国小浜藩医。私塾天真楼を主催した。父は杉田玄甫(甫仙)、母は八尾氏の娘である。

生涯編集

 
福井県小浜市にある杉田玄白の銅像杉田玄白記念公立小浜病院の正面に設置されている

江戸牛込小浜藩酒井家下屋敷において、小浜藩医杉田玄甫(2代目甫仙)の三男として生まれる[1]。難産であり、母は出産の際に死去している[2]

元文5年(1740年)、玄白が8歳の時に一家は小浜へ移った[1]。父の甫仙が江戸詰めを命じられる延享2年(1745年)まで、少年時代を小浜で過ごした[1]。小浜では長兄や義母を失っている[3]

青年期には家業の医学修行を始め、医学は奥医の西玄哲[2]に、漢学本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬龍門[2]に学んだ。

宝暦3年(1753年)、5人扶持で召し出されて小浜藩医となり[2]屋敷に勤める。宝暦4年(1754年)には京都で山脇東洋が、処刑された罪人の腑分け(人体解剖)を実施している。国内初の人体解剖は蘭書の正確性を証明し、日本の医学界に波紋を広げるとともに、玄白が五臓六腑説への疑問を抱くきっかけとなる。

宝暦7年(1757年)には、小浜藩に籍を置きながら日本橋町医者として開業する[1]。同年7月には、江戸で本草学者の田村元雄平賀源内らが物産会を主催。出展者には中川淳庵の名も見られ、蘭学者グループの交友はこの頃にははじまっていたと思われる。

明和2年(1765年)には藩の奥医師となる。同年、オランダ商館長やオランダ通詞らの一行が江戸へ参府した際、玄白は源内らと一行の滞在する長崎屋を訪問。通詞の西善三郎からオランダ語学習の困難さを諭され、玄白はオランダ語習得を断念している。明和6年(1769年)には父の玄甫が死去[1]。家督(30人扶持)と侍医の職を継ぎ[1][2]、新大橋の中屋敷へ詰める。

 
『解体新書』(複製)。国立科学博物館の展示。

明和8年(1771年)、自身の回想録である『蘭学事始』によれば、中川淳庵がオランダ商館院から借りたオランダ語医学書『ターヘル・アナトミア』をもって玄白のもとを訪れる。玄白はオランダ語の本文は読めなかったものの、図版の精密な解剖図に驚き、藩に相談してこれを購入する。偶然にも長崎から同じ医学書を持ち帰った前野良沢や、中川淳庵らとともに「千寿骨ヶ原」(現東京都荒川区南千住小塚原刑場跡)で死体の腑分けを実見し、解剖図の正確さに感嘆する。玄白、良沢、淳庵らは『ターヘル・アナトミア』を和訳し、安永3年(1774年)に『解体新書』として刊行するに至る[4]。友人桂川甫三(桂川甫周の父)により将軍家に献上された。

安永5年(1776年)藩の中屋敷を出て、近隣の竹本藤兵衛(旗本、500石取)の浜町拝領屋敷500坪のうちに地借し外宅とする。そこで開業するとともに「天真楼」と呼ばれる医学塾を開いた。玄白は外科に優れ、「病客日々月々多く、毎年千人余りも療治」と称され、儒学者の柴野栗山は「杉田玄白事は、当時江戸一番の上手にて御座候。是へまかせ置き候へば、少も気遣は無之候」と書き記している。晩年には藩から加増を受けて400石に達している[5]

 
『蘭学事始』明治2年刊。
 
栄閑院にある杉田玄白墓

晩年には回想録として『蘭学事始』を執筆し、後に福沢諭吉により公刊される。文化2年(1805年)には、11代将軍徳川家斉に拝謁し、良薬を献上している。文化4年(1807年)に家督を子の伯元に譲り隠居。著書に『形影夜話』ほか多数。

文化14年(1817年)に83歳で息を引き取る。墓所は東京都港区愛宕の栄閑院。肖像石川大浪筆のものが知られ、早稲田大学図書館に所蔵されている(重要文化財)。1907年(明治40年)11月15日、贈正四位

系譜編集

祖先編集

杉田家は近江源氏佐々木氏の支族で、萬石行定の子孫である真野氏の家系とされる(間宮氏も同祖とされる)[6]。戦国時代、武蔵国久良岐郡杉田村(現在の横浜市磯子区杉田)の住人であった真野新左衛門信安は、間宮信高間宮康俊の四男)に属して水軍の将として武功をあらわし、間宮の名字を許された[6]。間宮(真野)信安の子の主水次郎長安は、北条家滅亡後に杉田村に蟄居し、名字を杉田に改めたという[6]。その後長安は、娘婿の五兵衛忠元とともに、橘樹郡菅生(現在の川崎市宮前区菅生)に移って帰農した[6]。忠元の子・杉田八左衛門忠安は、父の実家が間宮家に仕えていた縁で藤井松平家に推挙され、300石取りの物頭を務めたという[6]。武家としての杉田家は忠安の長男が継ぐが、忠安の二男が医家杉田家の始祖となる初代杉田甫仙であり、玄白の祖父である[6]

初代杉田甫仙は西玄甫にオランダ語と蘭方医学を学び、藤井松平家(当時は古河藩主)の藩医となる[6]。しかしその後古河藩の改易により浪人を余儀なくされ、最終的に小浜藩酒井家に藩医として召し抱えられた[6]。2代杉田甫仙(杉田玄甫)が玄白の父である。

子孫編集

玄白は前妻・登恵との間に一男二女(扇、八曾)を儲けたが男児が夭折したため、杉田家宗家は、弟子で娘扇の婿となった杉田伯元(1766-1837、仙台藩医建部清庵の子)が嗣ぎ、その後弟子の杉田玄端(1818-1889、玄白再婚後の実子杉田立卿の猶子)が伯元の子・白玄(1801-1874)の養子となって宗家を継いだ[7]。次娘の八曾(1775-1860)は安岡玄真の妻となったが離縁し、某藩の奥女中となり、同藩の藩士の子を養子にして宗端と名乗らせた[8]

玄白は後妻・伊與との間には、立卿(1785-1845)、藤、そめ(1791-1844)、八百(-1853)を儲けた[7]。玄白にとって二男となる甫仙(後の杉田立卿)は玄白から50石を分けられて別家を立てている[2]。弘化2年11月2日60歳で逝去。末娘の八百は鳥取藩医・田中淳昌(-1840)の妻となり、その子・淳良(1834-1875)は伊沢蘭軒の孫娘の婿となり伊沢棠軒(良安)を名乗った[8]

孫(立卿の子)の杉田成卿(梅里、1817-1859)は幕府天文方となったが、生まれつきの病弱に加え心労により安政6年2月19日(1859年3月23日)に43歳で逝去した。

子孫としては、成卿の娘婿に洋学者の乙骨太郎乙、その娘婿に帝室林野局技師の江崎政忠、その子に昆虫学者の江崎悌三、その長男によど号ハイジャック事件時の副操縦士・江崎悌一、二女るりの婿に法学者の手島孝、るりの孫に野球選手の長谷部銀次などがいる[9]

著作(近年刊)編集

評伝編集

  • 片桐一男『杉田玄白』吉川弘文館人物叢書〉、新版1986年
  • 片桐一男『知の開拓者 杉田玄白 『蘭学事始』とその時代』勉誠出版、2015年
  • 片桐一男『杉田玄白と江戸の蘭学塾 「天眞樓」塾とその門流』勉誠出版、2021年
  • 松崎欣一『杉田玄白 晩年の世界』慶應義塾大学出版会、2017年 
  • 宮本義己「杉田玄白の多忙な往診」(『別冊歴史読本』第10巻5号、1985年)、新人物往来社
  • 宮本義己「小塚原で腑分けを見る杉田玄白の一日」(『別冊歴史読本』第33巻2号、2008年)
  • 高橋伸明『杉田玄白探訪』梓書院、2006年(URL:https://nobuaki0627.com/

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 杉田玄白を知る”. NPO法人杉田玄白・小浜プロジェクト. 2021年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 杉田玄白と中川淳庵”. 『福井県史』. 2021年12月13日閲覧。
  3. ^ 玄白の兄と義母の墓がある空印寺”. NPO法人杉田玄白・小浜プロジェクト. 2021年12月13日閲覧。
  4. ^ 『百姓・町人と大名』304頁永原慶二, 青木和夫, 佐々木潤之介執筆 (日本の歴史 : ジュニア版, 第3巻)読売新聞社, 1987.5
  5. ^ 青柳精一『診療報酬の歴史』思文閣出版、1996年、ISBN 978-4-7842-0896-8 P155-160
  6. ^ a b c d e f g h 石井正紀 (2014年12月). “杉田玄白の祖をたずねて”. 石井正紀web. 2021年12月13日閲覧。
  7. ^ a b 『小伝 乙骨家の歴史―江戸から明治へ』永井菊枝、フィリア、2006年、p176-178
  8. ^ a b 杉田玄白の女「八百」緒方富雄、日本医史学雑誌13巻4号、1968.3.1
  9. ^ 長谷部家系図 スポニチ、2015年8月21日
  10. ^ 元版は『日本の名著22 杉田玄白 平賀源内 司馬江漢』(芳賀徹責任編集、中央公論社、1971年)

登場作品編集

小説・漫画編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

関連項目編集

外部リンク編集