杉田雷麟

日本の俳優

杉田 雷麟(すぎた らいる、2002年12月10日 - )は、日本俳優栃木県出身。アレ所属[1]

すぎた らいる
杉田 雷麟
生年月日 (2002-12-10) 2002年12月10日(20歳)
出生地 日本の旗 日本栃木県
身長 172 cm
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2017年 -
事務所 アレ
主な作品
映画
半世界
 
受賞
ヨコハマ映画祭
最優秀新人賞
2019年半世界
TAMA映画祭
最優秀作品賞

2019年長いお別れ
高崎映画祭
最優秀新進俳優賞
2020年『半世界』
テンプレートを表示

来歴・人物編集

杉田雷麟という名は本名[2]。中学生まではサッカー選手を目指していたが[2]、14歳のとき、進路を考え今の事務所のオーディションを受ける[2]刑事への憧れもあり、俳優ならば続けてきたサッカーも無駄にならず、役柄として刑事になることもできるという考えであった[3]

2017年8月、ニチバンの救急絆創膏・ケアリーヴのシネアド「母と娘、恋の味方」篇の男子中学生役でデビュー[4]

2018年9月21日放送のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『Aではない君と』の子役オーディションを勝ち抜き、主演・佐藤浩市が演ずる吉永圭一の息子・青葉翼役に抜擢[5]。主演の佐藤浩市と初対面の際に「この世界で食ってくのか?」と問われ、杉田は「はい」と即答した。この態度が気に入られたのか、続いて佐藤から「俺と関わる場面ならお前が納得行くまで何度でも付き合ってやる」と言われたという[5]。ドラマを終え、役者を続けていく気持ちが一層強くなったという[6]

2019年、映画『半世界』の演技が評価され、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第34回高崎映画祭最優秀新進俳優賞を受賞する[7][8]

2022年4月には笹谷遼平監督映画『山歌』で主演を務めた[3]

特技として、4歳の頃からサッカーを、11歳の頃からボクシングを経験している[1]。親の影響でガンダム洋画が好きだと語る[2]。この他、趣味に読書を挙げている[1]

共演したい俳優に椎名桔平を挙げている[3]。映画『教誨師』では大杉漣が演じる役の少年時代を演じ、大杉との共演シーンはなかったものの同映画の試写で対面。その際、「脇でも主役でもどっちでも大丈夫って気概がないといけない」と聞かされ、どんな役でどんなシーンでどういう風に出ても、ちゃんと自分らしく自分を残せるような俳優になりたいと気づかされたと言い、これが俳優としての大きな転機になったと語っている[3]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

CM編集

配信ドラマ編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 杉田 雷麟 プロフィール”. area [アレ]. 2018年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d "杉田雷麟「原点でバイブル」、役者としての考え方をガラリと変えた大杉漣さんの言葉". 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. 22 April 2022. 2022年4月23日閲覧
  3. ^ a b c d 杉田雷麟 (2022年4月24日). 期待しかない!注目の19歳・杉田雷麟、主演映画で光る演技. インタビュアー:前田かおり. シネマトゥデイ. イケメン発掘調査隊.. https://www.cinematoday.jp/page/A0008362 2023年1月2日閲覧。 
  4. ^ a b “「ケアリーヴ」発売20周年を記念したシネアドを制作“ちいさな味方、ばんそうこうのケアリーヴ”「母と娘と、恋の味方」篇 〜全国のユナイテッド・シネマにて8月12日(土)より期間限定上映〜” (プレスリリース), ニチバン株式会社, (2017年8月7日), https://www.nichiban.co.jp/news/17-08/02.html 2018年11月29日閲覧。 
  5. ^ a b “佐藤浩市×天海祐希『Aではない君と』に新人・杉田雷麟 追加キャスト発表”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2018年8月24日). https://www.cinra.net/news/20180824-adehanaikimito 2018年11月29日閲覧。 
  6. ^ “ドラマアウォード女優賞の清原果耶、黒木華が授賞式で喜びの声、作品賞は「3年A組」”. 映画ナタリー. (2019年10月28日). https://natalie.mu/eiga/news/353125 2019年12月2日閲覧。 
  7. ^ 第41回ヨコハマ映画祭 2019年日本映画個人賞” (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  8. ^ 高崎映画祭、最優秀作品賞に「嵐電」 最優秀主演男優賞は稲垣吾郎さん 授賞式は3月22日”. 毎日新聞 (2020年1月15日). 2020年1月18日閲覧。
  9. ^ 青葉翼(杉田雷麟)キャスト”. テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」. テレビ東京. 2018年11月29日閲覧。
  10. ^ “山田裕貴主演『ここは今から倫理です。』メインビジュアル&生徒役11人発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2179293/full/ 2020年12月15日閲覧。 
  11. ^ “死刑と向き合う宗教者の姿 映画『教誨師』対談 佐向大監督× 川上直哉牧師”. キリスト新聞 (株式会社キリスト新聞社). (2018年11月1日). http://www.kirishin.com/2018/10/31/20257/ 2018年11月29日閲覧。 
  12. ^ キャスト”. 映画『半世界』公式サイト. 2018年11月29日閲覧。
  13. ^ “【ご招待】キャスト登壇!『長いお別れ』舞台挨拶付き特別試写会に10組20名様”. cinemacafe.net. (2019年4月11日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/04/11/61103.html 2019年4月28日閲覧。 
  14. ^ “いじめ、性暴力…子供を取り巻く闇描いた映画公開、主演は鎌滝えり”. 映画ナタリー. (2019年11月16日). https://natalie.mu/eiga/news/355554 2019年12月2日閲覧。 
  15. ^ 杉田雷麟くんのこと”. CAMPFIRE. 日本の山々に実在した漂流民族「サンカ」をモチーフにした長編映画支援プロジェクト (2019年10月9日). 2020年6月29日閲覧。
  16. ^ “柳楽優弥主演のサイコスリラー「ガンニバル」に笠松将、吉岡里帆らが参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年10月19日). https://natalie.mu/eiga/news/498041 2022年10月19日閲覧。 

外部リンク編集