李上金(り じょうきん、? - 690年)は、高宗の三男である。母親は楊氏。中宗睿宗の異母兄にあたる。

李上金
続柄 高宗第3皇子

称号 杞王
死去 載初元年(690年
子女 李義珍、李義玫、李義璋、李義環、李義瑾、李義璲、李義珣
父親 高宗
母親 楊氏
テンプレートを表示

生涯編集

高宗が即位すると、上金は杞王に封ぜられた。652年永徽3年)、益州大都督を遙領した。666年乾封元年)、寿州刺史に任ぜられ、また濠州刺史を務めた。しかし武后に憎まれて官位と封号を奪われ、澧州に流された。

681年永隆2年)、武后は上金と鄱陽王李素節を朝政に参加させるように上表した。しかしのちに上金を沔州刺史に、李素節を岳州刺史として、彼らの朝政への関与を再び妨げた。684年嗣聖元年)、高宗が亡くなると喪に服した。同年(文明元年)に上金は畢王に封ぜられ、さらに沢王に改封され、蘇州刺史に任ぜられた。685年垂拱元年)、陳州刺史に転じた。689年永昌元年)、太子左衛率に任ぜられ、随州刺史となった。

690年載初元年)、武承嗣が上金と李素節に謀反の企みありと誣告し、2人を洛陽に召還して御史台に送った。李素節が南龍門駅で殺害されると、上金は恐れて自殺した。上金の死後に、7人の子は顕州に流され、そのうち李義珍・李義玫・李義璋・李義環・李義瑾・李義璲は現地で死に、ただ李義珣のみが生き残った。中宗が復位した後、上金の官爵は復され、李義珣は沢王の位を継いだ。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻八十六 列伝第三十六「沢王上金伝」
  • 新唐書』巻八十一 列伝第六「沢王上金伝」