メインメニューを開く

李元昌(り げんしょう、生年不詳 - 643年)は、中国の高祖李淵の七男。漢王に立てられた。

経歴編集

李淵と孫嬪のあいだの子として生まれた。若くして学問を好み、隷書を得意とした。また膂力にすぐれ、騎射をよくした。

620年、魯王に封ぜられた。631年華州刺史に任じられ、梁州都督に累進した。636年、漢王に徙封された。梁州にあって不法な振る舞いが多く、太宗はとがめて叱責したが、元昌はこれを恨みに思って、太子李承乾に接近した。642年長安に来朝すると、東宮に宿泊し、「殿下には早く天子となっていただきたい。今上のそばに琵琶のうまい宮人がいるが、事が成ったあかつきにはわたしに賜らんことを」と李承乾に言った。李承乾はこれを許し、臂を割いて血盟した。643年、李承乾の謀反は失敗に終わり、太宗は元昌を誅殺するのに忍びなく、一命だけは助けようとしたが、大臣の高士廉李勣らが厳しく反対した。太宗はやむをえず、元昌を家で自殺させ、封国も除かせた。妻子は連座して庶民に落とされた。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「漢王元昌伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「漢王元昌伝」