メインメニューを開く
陶祖李参平の碑

李 参平(り さんぺい、生年不詳 - 明暦元年8月11日1655年9月10日))は、 朝鮮出身の陶工で、有田焼伊万里焼)の生みの親として知られている。日本名は金ヶ江 三兵衛(かながえ さんべえ)。現在も直系の子孫が作陶活動などを行い、14代まで続いている。

なお「李参平」の名は、当時「三兵衛」を「参平」と表記した史料があること、金ヶ江家に伝わる古文書に李氏と記載があったことなどから、明治19年になって地元の蘭学者谷口藍田が名づけたものであり、参平が朝鮮で暮らしていたころのほんとうの姓名はわからない。

生涯編集

朝鮮忠清道金江(現・韓国忠清南道公州市反浦面)出身。金ヶ江の姓はこれに由来する。1592年文禄元年)から1598年慶長3年)の文禄・慶長の役で、有田を含む肥前国の実質的な領主であった鍋島直茂により日本に連行された(後述)。その後、陶工達を連れ帰った鍋島が、李参平が窯業に従事していたことを知り、重臣多久安順小城郡多久)の元で1599年(慶長4年)から陶器を始めたとされる。

はじめ多久家領内の西高麗谷に住み、のち西多久、藤の川内に移りながら陶器の生産を行った。しかし、その当時日本国内の需要が高かった中国景徳鎮窯の白い磁器には及ばず、生産に適した白磁石を求めて鍋島領内の唐津焼を作っている窯を頼りに転々とする。

最後に有田西部地区の乱橋(現三代橋)に辿り着き、登り窯を築窯した。そこで陶器と磁器を同時に焼いた形跡が残っており、陶工たちが研究を重ねたことがわかる。その後、良質で大量の白磁石「泉山磁石」を発見し、1616年元和2年)に天狗谷窯(白川)の地で日本初の白磁器を産業として創業した。これが有田焼の起こりである、という。

有田の龍泉寺の過去帳には、明暦元年8月11日1655年9月10日)没、戒名・月窓浄心居士と記されている。李参平の墓所は長らく忘れ去られていたが、1959年に天狗谷窯付近で戒名を刻んだ墓石が上半分を欠いた形で発見された。現在は墓石は白川墓地に移され、「李参平の墓」として有田町指定史跡となっている。

顕彰編集

李参平は、有田の「陶祖」と称される。

有田の総鎮守とされる陶山神社では、応神天皇・「藩祖」鍋島直茂とともに「陶祖」李参平を祭神とする。1917年には有田焼創業300年を記念し、陶山神社に「陶祖李参平碑」が建立された。陶器市開催に合わせ、毎年5月4日には「陶祖祭」が行われ、一般席も一部用意されている。

2005年7月、李参平の碑文に書かれている「1592年豊臣秀吉の文禄の役当時、李参平は日本に協力的だった」という文句について韓国政府が抗議し、「李参平は1592年、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した時、鍋島軍に捕らえられ、道案内などの協力を命令されたと推定される」に修正された。

有田焼の発祥については、考古学的な調査から1610年代前半から有田の西部で磁器試作・作陶が始められていることがわかった。しかしながら、有田焼の生産とその発展には李参平をはじめとする朝鮮出身陶工が大きな役割を果たしたことは確かである。天狗谷窯で産業としての創業が始まった1616年を起点に、2016年には『日本磁器誕生・有田焼創業400周年」が開催された。

参考文献・脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集