宸妃李氏(しんひ りし、雍熙4年(987年) - 明道元年2月26日[1]1032年4月8日))は、北宋の第3代皇帝真宗の側室。仁宗の実母で、章懿皇后(しょういこうごう)の諡号が贈られた。

経歴編集

杭州銭塘県の人。庶民の李仁徳と妻の董氏のあいだの娘。最初、尼僧となった。後、後宮に入って美人劉氏(後の章献皇后)の侍女となった。寡黙にして荘重な性格だったという。真宗と関係して趙禎(後の仁宗)を産んだが、真宗の許可で子は奪われて劉氏の子とされた。他の后妃が産んだ5人の男子はみな早世していたため、その太子を生んだ「功績」により、劉氏は皇后に昇進した。李氏は身分低い妃嬪にして崇陽県君[2]に封ぜられた。その後公主を産んで、大中祥符9年(1016年)2月に才人となり、天禧2年(1018年)9月に婉儀(従一品嬪)にいたった。

真宗が崩ずると、順容(従一品嬪)に進封され、園陵の奉仕にあたった。明道元年(1032年)、病が重くなり、宸妃の位に進められて、まもなく2月に死去した。翌年、皇太后劉氏も崩じると、仁宗ははじめて李宸妃が実母であったことを知り、深く哀悼した。李宸妃は皇太后として追尊され、荘懿とされた。慶暦4年(1044年)11月、夫の諡を重ねて「章懿」と改諡された。

その後、仁宗は実母を哀れに思い、自身の長女の福康公主(荘孝帝姫)を李宸妃の甥(弟の李用和中国語版の次男で、仁宗の従弟)の李瑋に降嫁させた。しかし夫婦仲が悪く、結局離婚した。

子女編集

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』

史跡編集

  • 中華民国(台湾)彰化県の慶安宮:李宸妃が娘娘として祀られている。

話本と京劇における李宸妃編集

  • 「狸猫換太子」の故事の女主人公と言える。

脚注編集

  1. ^ 『宋会要』
  2. ^ 宋代の制度では、4妃(正一品)、18嬪(上嬪従一品、下嬪正二品)、世婦(婕妤、美人、才人。正三品から正五品)、国夫人、郡君(郡夫人)、県君(夫人)、側女ら(紅霞帔など)