李 山海(り さんかい、イ・サンヘ、ハングル이산해1539年 - 1609年)は、朝鮮議政府領議政を過ごした朝鮮中期の政治家詩人であり、性理学者、教育者画家である。党籍は東人派、後に北人に属し、党の中心的な人物だった。本貫韓山李氏、字は麗水、号は鵝溪、終南水翁、竹皮翁、枾村居士。諡号は文忠。死六臣の一人である李塏の七代孫になる。

李 山海
이산해
Yi San-hae.jpg
領議政
任期
1600年3月6日 – 1600年6月9日
前任者李元翼
後任者李恒福
任期
1590年 – 1592年6月10日
前任者柳㙉朝鮮語版
後任者柳成龍
左議政
任期
1589年3月16日 – 1590年3月11日
前任者柳㙉
後任者鄭澈
右議政
任期
1588年11月19日 – 1589年3月16日
前任者柳㙉
後任者鄭彦信朝鮮語版
個人情報
生誕 (1539-07-20) 1539年7月20日
死没1609年8月2日(1609-08-02)(70歳)
政党東人、後に北人
職業作家
詩人
文官
李山海
各種表記
ハングル
漢字
RR式 Yi Sanhae
MR式 I Sanhae
テンプレートを表示

生涯編集

世子冊封問題で西人派の処罰に対する戦いで死刑強硬派の北人が勝利して政権を握ることになる。その後、李山海は北人派の政治家を多数推薦し、南人系の政治家の一部を起用したが、敵意を表わした。

鄭澈が起用家であるは李山海、東人の中で鄭澈に追われた人々を呼び、朝廷の官職を埋め、鄭澈に従った人々を追い出した。

脚注編集

[脚注の使い方]