李 弼(り ひつ、494年 - 557年)は、中国西魏軍人八柱国の1人。は景和。本貫遼東郡襄平県

経歴編集

北魏の太中大夫の李永の子として生まれた。528年爾朱天光に召されて別将となり、その下で関中に入って、赤水蜀を破った。功績により征虜将軍に任じられ、石門県伯に封じられた。また賀抜岳とともに万俟醜奴・万俟道洛・王慶雲らを討ち、みな撃破した。李弼は常に軍の先鋒に立って戦い、「李将軍の前に当たる者なし」と恐れられた。

爾朱天光が洛陽に赴くと、李弼は侯莫陳悦の下で大都督となり、通直散騎常侍を加えられた。532年清水郡太守に任じられ、恒州大中正となった。まもなく南秦州刺史に任じられた。534年、侯莫陳悦が賀抜岳を殺害すると、李弼は軍を隴上にとどめた。宇文泰が平涼から進軍して侯莫陳悦を討とうとした。李弼は侯莫陳悦に武装解除して謝罪するよう勧めたが、聞き入れられなかった。侯莫陳悦の敗北は必至とみて、李弼はひそかに宇文泰と連絡した。侯莫陳悦は秦州を放棄して、南方の険阻な土地に拠るべく移動しようとしたが、李弼は侯莫陳悦の部下たちを扇動して逆に秦州へと向かわせた。李弼は部下たちを率いて宇文泰に降伏し、侯莫陳悦は孤立して敗れた。宇文泰の命により李弼は本官のまま原州に駐屯した。まもなく秦州刺史に任じられた。

宇文泰が兵を率いて東方に向かうと、李弼は大都督となり、右軍を率いて、潼関と迴洛城を攻撃し勝利した。535年、西魏の文帝が即位すると、儀同三司・雍州刺史に進んだ。まもなくさらに驃騎大将軍・開府儀同三司に進んだ。537年東魏竇泰と戦って先鋒に立ち、戦功が多く、宇文泰の乗馬と竇泰の着ていた甲を賜った。また弘農平定に従った。東魏の高歓沙苑で戦ったとき、李弼は西魏軍の右軍にあり、左軍が東魏軍に圧されて後退すると、李弼は麾下の60騎を率いて東魏軍を横断するように突撃し、このために東魏軍は分断され、西魏側が勝利をえた。功績により特進に任ぜられ、趙郡公の爵位を受けた。また賀抜勝とともに河東を攻め落とし、汾州・絳州を落とした。538年、宇文泰の下で洛陽を攻撃し、先鋒に立った。ときに東魏の将の莫多婁貸文が数千を率いて穀城に入った。李弼は麾下の軍士に大音響を上げさせ、柴を引きずらせて塵を巻き上げながら接近させた。莫多婁貸文は西魏の大軍がやってきたと錯覚して逃走した。李弼はこれを追撃して、莫多婁貸文を斬り、首を本軍に届けた。翌日、宇文泰の下で高歓と河橋で戦い、身体に7カ所の傷を負いながら敵陣に深入りし、捕らえられた。李弼は重傷のふりをして地に倒れこみ、監視者の油断している隙をみて躍りあがって馬を奪うと、西方に馬を駆けさせて脱出した。539年司空に転じた。540年、東魏の侯景荊州に入ると、李弼は独孤信とともに防御にあたり、侯景を撤退させた。543年邙山の戦いに出陣し、太尉に転じた。547年、侯景が河南の六州をもって西魏につくと、東魏の韓軌が侯景を潁川に包囲した。宇文泰は侯景への援軍として李弼を向かわせた。李弼が到着すると、韓軌は撤退した。王思政が潁川に入ると、李弼は帰還した。548年、北の稽胡が叛くと、李弼はこれを平定した。太保に転じ、柱国大将軍を加えられた。552年、徒河氏の姓を受けた。宇文泰が西巡すると、李弼は留守を守った。六官が建てられると、太傅大司徒に任じられた。柔然突厥の圧迫を受けて西魏に服従すると、李弼は前軍を率いて迎えた。宇文護が政権を握ると、于謹と李弼らが参議となった。北周孝閔帝が即位すると、太師に任じられ、趙国公に進んだ。557年10月、在職のまま64歳で死去した。を武といい、魏国公に追封された。

子女編集

伝記資料編集