李 成愛(イ・ソンエ、朝鮮語: 이성애1952年7月29日[2] - )は大韓民国歌手である。「カスマプゲ」のヒットにより、韓国人歌手として日本で最初に成功を収めた人物である。1970年代当時は「リセイアイ」と読むのが一般的であった。

李成愛
生誕 (1952-07-29) 1952年7月29日(69歳)
出身地 大韓民国の旗 韓国釜山広域市
ジャンル ポップストロット演歌
職業 歌手
活動期間 1971年[1] -1978年
2005年
レーベル 地球レコード (韓国)東芝EMIキングレコードテイチクエンタテインメント
李成愛
各種表記
ハングル 이성애
漢字 李成愛
発音: イ・ソンエ
ローマ字 I Seong-ae
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1971年、「愛の小屋」でポピュラー歌手として韓国歌謡界にデビュー。1973年カーペンターズのカバー曲などでMBC10大歌手女性新人賞などを受賞した。

1977年に日本に渡り、南珍トロット曲「カスマプゲ」を日本語でヒットさせ、一躍人気歌手となった [3]。LP「熱唱/演歌の源流を探る」が日本レコード大賞企画賞を受賞した(受賞者は東芝EMI)。東芝EMIで吹き込んだシングル4枚、LP5枚、テープ10本の累計売上は6億5000万円を記録した[4]

人気の絶頂にあった1978年に、アメリカ合衆国シンシナティ在住の忠南大学校教授チャ・サンチョルと結婚するため突如引退した[5][6]
1988年から大田市に住み、ゴスペル歌手として活動。FEBCラジオで10年以上冠番組を担当。2001年、大田市ワールドカップ広報委員就任。 2005年10月26日、日本で19年ぶりの新曲、日韓福祉交流慈善講演テーマソング「涙は人のために/心の旅路」をリリースした[7]

参考文献編集

作品編集

シングル編集

  • カスマプゲ/黄色いシャツ(1977年4月5日、TP-10206)
  • 納沙布岬/郷愁(1977年6月20日、TP-10252)
  • 離別/韓国語版(1977年、TP-10336)
  • かりそめの妻/わかれ雨(1978年、TP-10399)
  • 釜山港へ帰れ(泪の波止場)/愛してます(サランへ)(1980年4月5日、TP-10710)
  • 恋忘れじのブルース(1983年、TP-17526)
  • 大田ブルース/他郷暮し(1983年、TP-17568)
  • ミオ・ミオ・ミオ/雨降る湖南線(1983年、TP-17569)
  • どうしたらいいの/ソウルよさようなら(1983年、TP-17570)
  • 望郷/きずあと(1985年、キングレコード)
  • 離別/カスマプゲ(1988年8月28日、RT07-2148、東芝EMI)
  • 愛の無窮花/荒城の歌(4Rs-739)

アルバム編集

  • リサイタル(1977年、TP-60266-7)
  • サヨナラ・リサイタル(TP-60289-90)
  • 哀愁の韓国メロディー(TP-60308-9)
  • 熱唱(TP-72219)
  • 納沙布岬 演歌の源流を探る(TP-72259)
  • かりそめの妻 演歌の源流を探る(TP-80017)
  • さよなら(1978年、TP-80038)
  • 全曲集(1981年、TP-60420)
  • ソウルの月 / ノムハムニダ
  • 釜山港へ帰れ(1983年、TP-90242)
  • ベストヒット韓国演歌(1985年、T28A-1043、キングレコード)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ http://www.melon.com/artist/timeline.htm?artistId=7668
  2. ^ TOWER RECORDS 李成愛プロフィール
  3. ^ これをきっかけに韓国ブームが起こり、韓国語歌詞の曲がカラオケで歌われるようになった
  4. ^ 古茂田信男、矢沢寛、島田芳文、横沢千秋『新版 日本流行歌史〈下(1960~1994)〉』(ISBN 4390501968)、社会思想社、1995年、57頁
  5. ^ 월드컵 내사랑/D-52 대전시 홍보위원 가수 이성애씨 東亜日報 2002-04-08
  6. ^ Korean-Madisonville United Methodist Church2014-05-28
  7. ^ https://www.teichiku.co.jp/pop_classic/artist/lee/disco/ca12026.html