李文忠

李 文忠(り ぶんちゅう、1339年 - 1384年)は、の将軍。は思本。泗州盱眙の人。李貞の子、李景隆、李増枝、李芳英の父、朱元璋の甥(姉の曹国公主中国語版の子)にあたる。

概要編集

若い頃から叔父の朱元璋に従って起義軍に参加し武勲を立て、武勲は徐達常遇春に並ぶと称され、常遇春が亡くなると将軍に任じられた。枢密院僉事となり後に曹国公に封じられ蜀を平定し、成都新城を築いた。徐達・常遇春・鄧愈沐英湯和らとともに六王の一人にも数えられていた。しかし、朱元璋を諌めたことで不興を買い、後に急死した。享年は46。そのため、毒殺説が定説になっている。死後に岐陽王に封ぜられる。

墓所編集

李文忠墓は南京の紫金山の北西に位置しており近くには徐達墓がある。清光緒年間には陵墓の神道が修復されている。明孝陵の一部として世界遺産に登録されている。

入場料編集

  • 5元(2004年現在)

関連項目編集