メインメニューを開く

李暁霞(り・ぎょうか、リ・シャオシャ) 1988年1月16日- )は中国の元卓球選手。遼寧省鞍山市出身。世界ランキング最高位は1位(2008年11月)。

李暁霞 Table tennis pictogram.svg
Mondial Ping -Women's Singles - Quarterfinal - Wu Yang-Li Xiaoxia - 08.jpg
基本情報
よみがな り・ぎょうか
ラテン語表記 Li Xiaoxia
生年月日 (1988-01-16) 1988年1月16日(31歳)
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
出身地 遼寧省鞍山市
性別 女性
選手情報
世界ランキング 最高1位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット カーボネイド145
フォア面ラバー 狂飈NEO3ブルースポンジ
バック面ラバー テナジー・64
戦型 右シェーク攻撃型
ITTFワールドツアー戦歴
引退 2016
 
獲得メダル
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
卓球
オリンピック
2012 ロンドン 女子シングルス
2012 ロンドン 女子団体
2016 リオデジャネイロ 女子団体
2016 リオデジャネイロ 女子シングルス
世界卓球選手権
2006 ブレーメン 女子団体
2007 ザグレブ 女子シングルス
2007 ザグレブ 女子ダブルス
2008 広州 女子団体
2009 横浜 女子シングルス
2009 横浜 女子ダブルス
2010 モスクワ 女子団体
2011 ロッテルダム 女子シングルス
2011 ロッテルダム 女子ダブルス
2012 ドルトムント 女子団体
2013 パリ 女子シングルス
2013 パリ 女子ダブルス
2014 東京 女子団体
2015 蘇州 女子シングルス
2015 蘇州 女子ダブルス
2016 クアラルンプール 女子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

目次

人物編集

五輪世界選手権ワールドカップの3大大会のシングルスで全て優勝経験を持つ、いわゆる大満貫の達成者である。

2連覇を狙った2016年リオデジャネイロオリンピック女子シングルス決勝では前回大会と同じ丁寧との顔合わせとなり、フルゲームの末敗れ銀メダル[1]。女子団体では全勝で2連覇し自身3つ目のオリンピック金メダルを獲得し、微博にて同大会限りでの引退を発表し[2]2017年1月1日に現役引退を表明した[3]。 同年9月に元中国ナショナルチームの卓球選手と結婚した[4]

最高成績編集

シングルス編集

  • オリンピック 金メダル(2012)
  • 世界選手権 金メダル(2013)
  • ワールドカップ 金メダル(2008)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 女子シングルス優勝は丁寧。涙のロンドン、その雪辱成る! - 卓球王国WEB、2016年8月17日閲覧
  2. ^ 見事なり、李暁霞。有終の美を飾って引退を宣言 - 卓球王国WEB、2016年8月17日閲覧
  3. ^ 中国の李暁霞が引退 - 毎日新聞、2017年1月1日閲覧
  4. ^ 李暁霞、同郷の元NT選手・翟一鳴と結婚 - 卓球王国WEB、2018年1月7日閲覧

外部リンク編集