メインメニューを開く

李最応(り さいおう、イ・チェウン、1815年 - 1882年)は、李氏朝鮮王族興宣大院君の兄。称号は興寅君。字は良伯、号は山響。謚号は文忠。

大院君政権では要職に就くことはなかったが、1873年大院君の失脚で閔氏政権に登用され、1874年左議政、翌年には領議政になった。 1880年統理機務衙門が設置されると、その総理大臣となった[1]。1882年の壬午事変の際に自宅を襲撃され殺害された。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『高宗実録』高宗18年2月7日条。