李柱烈

大韓民国の経済学者。韓国銀行総裁

李柱烈(イ・ジュヨル、이주열,1952年7月24日 - )は、第25代韓国銀行総裁。

李柱烈(2014年)

2014年4月に韓国銀行総裁に就任[1]

日韓通貨スワップに関する言動編集

2015年2月23日に、日韓通貨スワップが終了する時点では、「安定的な金融市場の状況と堅実なマクロ経済の環境を勘案した際、延長の必要性は大きくないと判断した」と論評し、この時点では通貨スワップの必要性を認めていなかった[2]

2018年に入ると徐々に必要性に言及するようになり、同年5月、第21回ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議(フィリピン)に出席した際には、「(日韓通貨スワップ協議は)政治的理由で中断されたが、韓中通貨スワップも延長合意したので自然に話し合いができるものと考えている」と発言したほか、同年9月には国会の答弁の中で「日本の場合、いくらでも再開できる可能性があるが、まだ条件は整っていないと判断する」と発言[3]するなどスタンスを変えつつある。

脚注編集

  1. ^ 韓国銀行、6年ぶりに金利引き上げの信号”. 中央日報日本語版 (2017年6月13日). 2017年10月11日閲覧。
  2. ^ 韓銀総裁「韓日通貨スワップ、延長の必要性は大きくない」”. 中央日報日本語版 (2015年2月17日). 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ 韓銀総裁「日本との通貨スワップ、いくらでも再開できる…条件はまだ整わず」”. 中央日報日本語版 (2018年10月23日). 2019年1月14日閲覧。