メインメニューを開く

李 永(り えい、生年不詳 - 838年)は、皇族。第14代皇帝文宗の長男。荘恪太子。生母は王徳妃である。

830年に魯王に封じられ、832年皇太子に立てられた。韋貫之が侍読として教育係となったが、李永は遊び好きで政務を怠り、家臣らを絶望させたという。しばらくして生母の王徳妃の寵愛が衰え、楊賢妃が帝の寵愛を受けたために、文宗は李永を廃嫡し、少陽院に幽閉した。そして838年に前太子の李永は早世した。

参考文献編集

  • 新唐書』(巻八十二 列伝第七)