淑妃李氏(しゅくひ りし、1343年以降[1] - 1384年)は、洪武帝の妃。寿州の人。

生涯編集

明の初年に戦死した広武衛指揮官の李傑の娘である。

明の洪武17年(1384年)、淑妃に封ぜられ、後宮のことをつかさどった。しかしまもなく亡くなった。外史によると、洪武帝の疑いと不信を買い、迫られて自ら縊死した。

また一説によると、淑妃は太子朱標の母といわれるが、信用できない[2]

伝記資料編集

  • 『明太祖実録』
  • 明史
  • 『追贈驃騎将軍府事李公(李傑)神道碑銘』

脚注編集

  1. ^ 李傑の生年(1331年)による。
  2. ^ 淑妃の父・李傑は、朱標との年齢差が24歳しかない。