李 玨(日本語読み:り ぎょく、朝鮮語読み:イ・カク、生年不詳 - 1592年5月14日)は、李氏朝鮮に仕えた官吏。

文禄の役が始まった時に慶尚左道兵馬節度使(慶尚左兵使)[1]であった。蔚山北方の兵営城に駐屯していたが、釜山鎮の戦いには間に合わず、東萊城の戦いでは城の守備を府使宋象賢に任せて脱出。慶州城の戦いの前に、任地と軍を棄てて逃亡した罪に問われた。漢城府陥落後、臨津の金命元都元帥の陣中に現れたので逮捕され、『宣祖修正實録』によると5月14日(和暦13日)に、李朝は宣伝官を派遣して、斬首させた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 慶尚道を二つに分割したうちの東側(ソウルから見て左)である慶尚左道の陸軍司令官。兵使は兵馬節度使の略。
  2. ^ 朝鮮史編修会 1937, p.461

参考文献編集