李相哲

李 相哲(り そうてつ、1959年9月6日 - )は、中国朝鮮族出身のメディア史学者[1]日本国籍を取得している[1]

東アジアの新聞史、朝鮮半島問題に詳しい。1998年より、龍谷大学社会学部教員。

1987年に訪日、上智大学大学院にて博士(新聞学)学位取得。旧満州、朝鮮半島において日本人が発行した新聞に関する論文や著書が多い。2010年以降は、韓国、北朝鮮情勢を分析した論文や著書を発表。金正日後の北朝鮮新体制に関する分析、金氏一族、パワーエリートグループの内部事情についても発言している。

目次

経歴編集

  • 1959年9月6日、中国東北地方・黒竜江省に生まれる[1]。両親は朝鮮半島慶尚道出身で、1930年代に中国に移民していた。伝統的な韓国式家庭に育つ。韓国系中国人としては2世(中国では「朝鮮族」という)にあたる。
  • 1982年7月、北京中央民族大学を卒業後、共産党機関紙黒龍江日報ハルビン、日刊紙)記者となる。
  • 1987年9月、留学のため渡日。
  • 1995年3月、上智大学文学研究科新聞学専攻にて博士(新聞学)学位取得。その後、上智大学国際関係研究所客員研究員となる。
  • 1998年4月、龍谷大学社会学部助教授。
  • 2005年4月、同大社会学部教授となる。

著書編集

  • 『満州における日本人経営新聞の歴史』凱風社、2000
  • 『漢字文化の回路 ― 東アジアとは何か―』凱風社、2004
  • 『満洲は何だったか』(共著)藤原書店、2004
  • 『大韓帝国の新聞を巡る日英紛争 あるイギリス人ジャーナリストの物語』(訳書)、晃洋書房、2008
  • 『朝鮮における日本人経営新聞の歴史1881~1945』角川学芸出版、2009
  • 『漢字文化の行方』キパラン、ソウル、2009
  • 『中国経済法令集2000』(監修)日本国際貿易促進協会、2000
  • 『超入門 ジャーナリズム - 101の扉』(共著)晃洋書房、2010
  • 『金正日と金正恩の正体』(文春新書)文藝春秋社、2011
  • 『東アジアのアイデンティティ - 日中韓の文化はここが違う -』凱風社、2012
  • 『朴槿惠<パク・クネ>の挑戦 - ムクゲの花が咲くとき』中央公論新社、2012
  • 『金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか』産経新聞出版、2016

近年の主要論文編集

  • 「韓国政治とメディア ―健全な緊張関係は可能か」『ジャーナリズム』(朝日新聞社、東京)2010年9月号)
  • 「金九と蒋介石 -蒋介石日記で読む韓国独立運動」『月刊朝鮮』(朝鮮日報社、ソウル)2010年11月号
  • 「関東軍と満州の新聞 -満州の新聞は如何に統制されたかー」東亜大学石堂学術院論文集、2012年3月号、他。

新聞への寄稿等編集

  • 2014年12月17日 - 現在『産経新聞』「秘録金正日」 (週一回の連載)[1]
  • 2011年12月23日付『朝日新聞』オピニオン欄「どう動く『金正日』後 ―『お飾り』正恩体制もって3年」
  • 2010年4月9日付『毎日新聞』(国際)「記者の自己規制進む(中国)」
  • 2008年3月30日付『朝日新聞』オピニオン欄「新聞と戦争 -主張すべきは少数意見でも」
  • 2007年8月26日付『読売新聞』論点「日中関係 メディアの役割考えよう」
  • 2005年5月29日付『読売新聞』論点「反日対策 戦略的な文化交流を」

出典編集

外部リンク編集