李蕆イ・チョン、朝鮮語: 이천1376年 - 1451年11月30日太陰暦: 11月8日〉)は、朝鮮の武官科学者本貫礼安李氏

佛谷(プルゴク)、諡号翼襄(イキャン)。

父は軍部の判書であった李竦[1]崔閏徳に続いて平安道の節度使となり四軍を開拓し、蒋英実とともに仰釜日晷と自撃漏を制作した。

脚注編集