メインメニューを開く

村上 善男(むらかみ よしお 1933年 - 2006年5月4日)は、日本美術家岩手県盛岡市出身。岩手大学学芸学部卒業。弘前大学名誉教授

人物・経歴編集

岡本太郎に師事。1953年二科展に初入選[1]1960年、第4回シェル美術賞展で佳作[1]。 東北を拠点に前衛美術家として活動した。また、詩人としての執筆活動もある。

2006年5月4日心不全で死去。享年73。

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集