メインメニューを開く

村上 宗隆(むらかみ むねたか、2000年2月2日 - )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

村上 宗隆
東京ヤクルトスワローズ #55
Gk ryoIMG 5603.jpg
2018年7月12日、はるか夢球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (2000-02-02) 2000年2月2日(19歳)
身長
体重
188 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
初出場 2018年9月16日
年俸 800万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

5歳から野球を始める。

九州学院高等学校では1年から一塁手のレギュラーに定着。甲子園に出場したのは1年夏のみで、3番打者として出場するも無安打で初戦敗退であった。通算52本塁打[2]

2017年10月26日のドラフト会議において、抽選で清宮幸太郎を外した東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ東北楽天ゴールデンイーグルスの3球団が競合し、抽選の末に東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得し[3]、11月12日に年俸720万円で仮契約を結んだ。背番号は55[4]。12月22日には山田哲人ウラディミール・バレンティンに、弟子入りを志願することを明かしていた[2]

ヤクルト時代編集

指名時は捕手であったが、捕手としての守備は期待されておらず、打力を期待しての獲得であったことから即座に内野手にコンバートされ、登録も内野手での入団となった。

2018年、4月終了時点で、イースタン・リーグにおいて、28試合で4番三塁手として先発出場し、打率.311、3本塁打、20打点という成績を残した[5]。6月には打率.315、6本塁打、14打点、7盗塁で月間MVPを受賞したが、ヤクルトの高卒新人が月間MVPを受賞するのは2011年の山田哲人以来であった[6]。7月12日にはるか夢球場で行われたフレッシュオールスターゲームに出場し、4番・一塁手で先発出場を果たし、1安打1盗塁を記録した[7]。9月16日に一軍昇格、6番・三塁手で先発出場し、初打席初本塁打を記録した[8]。初打席本塁打は同年8月19日の山本祐大DeNA)以来64人目で、ヤクルトでは2016年9月29日の廣岡大志以来2年ぶり8人目となった。また、高卒新人の初打席本塁打は2017年の細川成也(DeNA)以来7人目で、チームでは廣岡大志に次いで2人目となった[9]。なお、この本塁打は2000年生まれ選手の初本塁打となった。この日の試合に関して「初回のエラーを取り返そうと思って打席に入った。プロ初打席がホームランになってよかった」とコメントをしていた[10]。同年は一軍での安打はこの本塁打のみに留まったが、二軍での成績は打率.288、17本塁打、70打点、16盗塁と高卒新人としては異例の好成績を残した。

2019年、オープン戦から結果を残し6番・三塁手で自身初となる開幕スタメンを勝ち取った。最序盤こそ一軍投手の攻めに苦しんだが、徐々に本塁打のペースを上げて行った。5月11日の巨人戦で2リーグ制後では史上18人目となる高卒2年目以内での2桁本塁打となる10号本塁打を打ち、チーム38試合目での到達は高卒2年目以内では最速となった[11]。5月12日の巨人戦でプロ入り初の4番に座った[12]。8月22日に高卒2年目の選手としてはセ・リーグ初となるシーズン30号本塁打を放った。また、9月21日に36号本塁打を放ち中西太以来となる高卒2年目以内における本塁打日本記録を達成した。

選手としての特徴編集

打撃編集

特徴はスイングスピードの速さと桁外れの飛距離にある[13]

守備編集

プロ入り前の守備位置は捕手一塁手であったが、プロ入り後は三塁手に転向[14]。守備力が課題となっている[15]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2018 ヤクルト 6 14 12 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .083 .214 .333 .548
NPB:1年 6 14 12 1 1 0 0 1 4 2 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .083 .214 .333 .548
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



三塁












2018 ヤクルト 3 0 7 1 2 .875
通算 3 0 7 1 2 .875
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

初記録
オールスターゲームの記録
  • 出場:1回 (2019年)
  • ファン投票選出:1回 (2019年)
その他の記録

背番号編集

  • 55 (2018年 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月9日閲覧。
  2. ^ a b 赤尾裕希 (2017年12月22日). “ヤクルトD1・村上、バレ&山田に弟子入り志願「打撃論聞きたい」”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20171223/swa17122305020001-n1.html 2018年5月8日閲覧。 
  3. ^ “ヤクルトは外れ1位で九州学院・村上 3球団競合”. 日刊スポーツ. (2017年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710260000596.html 2018年9月2日閲覧。 
  4. ^ “ヤクルト1位村上は55番!目指すは燕のゴジラだ”. 日刊スポーツ. (2017年11月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711120000453.html 2018年9月2日閲覧。 
  5. ^ 横山尚杜 (2018年5月2日). “【球界ここだけの話(1258)】ヤクルトD1・村上宗隆、イースタンで不動のレギュラー 三木2軍チーフコーチが魅力を語る”. サンケイスポーツ. http://www.sanspo.com/baseball/news/20180502/swa18050213000003-n1.html 2018年5月8日閲覧。 
  6. ^ “【ヤクルト】ドラ1村上がファーム月間MVP”. スポーツ報知. (2018年7月11日). https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180711-OHT1T50122.html 2018年9月2日閲覧。 
  7. ^ “ヤクルト村上「僕の持ち味」積極策で1安打1盗塁”. 日刊スポーツ. (2018年7月12日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807120001028.html 2018年9月2日閲覧。 
  8. ^ “ヤクルト・ドラ1村上が衝撃デビュー 高卒新人史上7人目の初打席初本塁打”. デイリースポーツ. (2018年9月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/09/16/0011646408.shtml 2018年9月17日閲覧。 
  9. ^ “ヤクルト村上、高卒新人ではチームで2人目の快挙 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809160001211.html 2018年9月21日閲覧。 
  10. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.91.
  11. ^ ヤクルト村上が高卒2年目10号 中西抜き最速大台日刊スポーツ(2019年5月12日)
  12. ^ ヤクルト青木、山田哲人スタメン外れ4番に村上宗隆日刊スポーツ(2019年5月12日)
  13. ^ “期待の若き大型スラッガーヤクルトの4番・村上宗隆”. 福井新聞. (2019-05-15日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/853993 2019年9月16日閲覧。 
  14. ^ ヤクルト担当 島根純 (2017年12月23日). “ドラ1村上宗隆、三塁手転向で輝く/ヤクルト一押し”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712200000392.html 2018年5月8日閲覧。 
  15. ^ “打点トップも失策ワースト…燕・村上を支える意外な人物は”. 日刊ゲンダイ. (2019年6月7日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/255605 2019年6月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集