メインメニューを開く

村上 幸子(むらかみ さちこ、本名:鈴木 幸子1958年10月21日 - 1990年7月23日[1])は、日本演歌歌手。 所属事務所はクラウン音楽芸能ホリプロダクション

村上 幸子
出生名 鈴木 幸子
生誕 1958年10月21日
出身地 日本の旗 日本 新潟県
死没 (1990-07-23) 1990年7月23日(31歳没)
ジャンル 演歌
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1979年 - 1990年
レーベル クラウンレコード
事務所 クラウン音楽芸能
ホリプロダクション

生涯編集

新潟県村上市(旧・岩船郡荒川町)出身[1]。1979年に『雪の越後を後にして』でクラウンレコードから歌手デビュー[1]。1984年の「酒場すずめ」が人気を集め[1]、歌唱賞レースに参戦した。

1988年にリリースされた「不如帰(ほととぎす)」を自らの勝負曲と位置づけたが、歌詞中の「泣いて血を吐く ほととぎす」という表現が、当時昭和天皇が重体だったことから「時期的にも適切な表現とは言えない」として放送自粛になった[1]。後に「不如帰」は2006年に瀬口侑希がカバーした。

また文化放送ラジオ番組走れ!歌謡曲』のパーソナリティを務めるようになる。しかし1989年、喉部に大豆状のしこりが見つかり検査の結果、急性リンパ腫と診断され入院した。その間もリスナーなどからの激励の手紙が多数村上のもとに寄せられたが次第に病状は悪化、1990年7月23日、31歳で死去した。

『走れ!歌謡曲』のパーソナリティだった小池可奈が、村上の半生とその交流を語った伝記本「さっちゃん物語」(三五館)を著している。

主な曲編集

関連書籍編集

  • 小池可奈『さっちゃん物語』三五館、1996年6月。ISBN 978-4883200856

脚注編集

  1. ^ a b c d e 小泉カツミ  (2019年12月6日). “31歳で夭逝した美しき天才歌手・村上幸子をご存知か (1/7) ”. 現代ビジネス. 講談社. 2019年12月6日閲覧。