メインメニューを開く

村上 教行(むらかみ のりゆき、1951年4月3日 - )は、日本の実業家。イオンモール社長、イオン 顧問、イオン東北代表。宮城県出身。

来歴編集

1951年(昭和26年)宮城県気仙沼市唐桑町生まれ。宮城県気仙沼高等学校を経て、東北学院大学経済学部を卒業後にジャスコ(現在のイオン)に入社した。

2007年4月 イオンモール社長に就任。その後、同社会長、イオン東北代表、2014年3月イオン専務、顧問を歴任[1]。 日本ショッピングセンター協会 副会長[2]、みなと気仙沼大使を務める。

略歴編集

  • 1974年3月 東北学院大学経済学部卒業後、ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
  • 2000年5月 同社 取締役GM商品本部長
  • 2002年2月 同社 SSM商品本部長
  • 2003年5月 同社 常務執行役
  • 2004年2月 同社 常務執行役 営業企画担当
  • 2006年5月 同社 専務取締役 営業担当
  • 2007年4月 同社 代表取締役社長
  • 2011年5月 同社 取締役会長[3]
  • 2012年3月 イオン株式会社 専務執行役社長補佐 及び イオン東北代表
  • 2014年3月 同社 専務執行役 及び イオン東北代表
  • 2014年5月 同社 顧問、イオン東北代表[4][5][6]

出典編集

外部リンク編集