村上智信

日本の官僚、立候補者

村上 智信(むらかみ とものぶ、1969年 - )は、福岡県出身の日本の元官僚

村上 智信
むらかみ とものぶ
生年月日 (1969-10-09) 1969年10月9日(50歳)
出生地 日本の旗福岡県築上町
出身校 横浜国立大学工学部
前職 経済産業省官僚
所属政党希望の党→)
無所属
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1969年福岡県築上町生まれ。実家は法顕寺。1988年福岡県立京都高等学校卒業。1989年横浜国立大学工学部物質工学科、1993年東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻修了。

職歴編集

1995年(平成7年)経済産業省入省。 1996年(平成8年)資源エネルギー庁石炭部炭業課、1997年(平成9年)同庁省エネルギー対策課係長、1998年(平成10年)科学技術庁原子力調査室専門職、2001年(平成13年)経済産業省製造産業局鉄鋼課製造産業専門官、2002年(平成14年)同省同局同課長補佐に就任。
2004年(平成16年)青森県商工労働部新産業創造課課長2006年(平成18年)原子力安全保安院電力安全課課長補佐。
2008年(平成20年)経済産業省立地環境整備課課長補佐、同年8月内閣官房行政支出総点検会議担当室参事官補佐、2009年(平成21年)4月経済産業省製品安全課課長補佐、同年9月に消費者庁消費者安全課課長補佐、2011年(平成23年)7月に同省商務情報政策局医療福祉機器産業室長、2012年(平成24年)3月内閣府原子力災害対策本部原子力被災者生活支援チームに配属。
2013年(平成25年)6月に、東北大学未来科学技術共同研究センター 開発企画部 教授[1]。2015年(平成27年)5月同省商務情報政策局情報プロジェクト室長に就任[2]。2016年(平成28年)4月同省を辞職。 2017年10月の第48回衆議院議員総選挙希望の党公認で福岡11区から出馬するが落選。2020年7月、第49回衆議院議員総選挙に無所属として、再び福岡11区から出馬する意向であることが報じられた[3]

活動編集

製鉄企画室にて、自動車のリサイクルに着目。自動車に使用された含有量・除去率に関して調査。取引に於いての業界標準を作成。

青森県庁時代

青森県庁新産業創造課にて、総合商社と連携、地元の新商品・農産品に着眼点を置き、販売へ繋いだ。電力安全課にて、電気工事による事故防止を目的に規制緩和を行う。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集