メインメニューを開く

村上 潤(むらかみ じゅん、1956年12月31日[1][2] - )は、日本のスタントマンアクション監督[3]ジャパンアクションエンタープライズ所属。別名、J・ムラカミ[2]宮城県出身[1][2]

目次

来歴・人物編集

キイハンター』を観て千葉真一に憧れスタントマンを志す[2][3][4]。高校2年生の時に『仮面ライダー』のクレジットでジャパンアクションクラブの存在を知り、オーディションを受けて合格するも、高校卒業後の入団を希望する[2][4]。1974年、高校卒業後にジャパンアクションクラブに第5期生として入団する[2][3][4]。同期には古賀弘文や横山稔がいる[2]

1970年代後半から1980年代前半にかけて、宇宙刑事シリーズなどでスーツアクターとして活躍した[2]。『仮面ライダーBLACK』(1987年)以降はアクション監督として数々の作品に関わり[2]、『ビーロボカブタック』などではメインのアクション監督も務めた。

妻は『宇宙刑事シャリバン』で共演した降矢由美子[3]

エピソード編集

父親がカメラ関係の仕事を勤めていたことからカメラの扱いに長けており、『秘密戦隊ゴレンジャー』では現場に8ミリカメラを持ち込んで自身のアクションの映り方を研究していた[2][4]

若手時代は先輩からの話を聞くことを好み、酒を飲めなかったが先輩からの誘いは断らなかったという[4]

靴のサイズが合わないと怪我のもとになると考え、衣裳では靴が足にフィットするかどうかを最も重視していた[2][4]

元ジャパンアクションクラブの後輩の渡洋史とは同じアパートに生活していたこともあり[3]、よく食事を用意させていた。[要出典]

宇宙刑事ギャバン』では、変身前を演じる主演の大葉健二が激しいアクションをこなしていたことから、「変身したら弱くなった」と言われないよう必死であったことを述べている[4]。一方の大葉は、活動を共にしてきた村上を信頼し、演技やアクションに対して注文を付けることはなかったという[4]

関わった作品編集

テレビ編集

  • 柳生一族の陰謀(1978年-1979年)
  • 元祖おじゃまんが山田くん(1984年)
  • 誰かが見ている(1986年)

映画編集

スーツアクター・スタントマンとして編集

アクション監督として編集

特撮テレビドラマ編集

テレビドラマ編集

テレビその他編集

映画編集

舞台編集

Vシネマ編集

CM編集

  • カゴメ(グラフィック)(2012年)※ポーズ指導[1]

イベント編集

  • 京楽 特別先行展示会(2011年)

ゲーム編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d J・ムラカミ名義
  2. ^ 特撮パートのみ

出典編集

  1. ^ a b c 公式プロフィール”. 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 仮面俳優列伝 2014, pp. 173-180, 「第5章 プレイヤーからアクション監督への転身 16 村上潤」
  3. ^ a b c d e 「宇宙刑事シャリバン メモリアル座談会」『東映ヒーローMAX』第4巻、辰巳出版、2003年、 41 - 44頁、 ISBN 978-4886418463
  4. ^ a b c d e f g h i 東映HM55 2017, pp. 92-97, 取材・構成 伊東叶夢「宇宙刑事ギャバン Blu-ray BOX発売記念 スペシャル対談 大葉健二×村上潤」

参考文献編集

外部リンク編集