メインメニューを開く

村井 吉敬(むらい よしのり、1943年8月20日 - 2013年3月23日[1])は、日本経済学者。元早稲田大学アジア研究機構教授。専門は東南アジアの経済史。

経歴編集

千葉県生まれ。1966年早稲田大学政治経済学部卒業。インドネシアパジャジャラン大学に留学し、農村経済を研究。1988年上智大学外国語学部教授。2008年早稲田大学アジア研究所客員教授を経て、早稲田大学アジア太平洋研究所上級研究員、アジア研究機構教授。

インドネシアを中心に東南アジアの開発問題を研究し、その過程で日本のODA政策がこれらの地域を開発するどころか、文化や環境の破壊を促していると批判している。父は元早稲田大学総長の村井資長。妻は大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長内海愛子[2]

2013年3月23日、69歳で死去。

著書編集

単著編集

  • 『スンダ生活誌――変動のインドネシア社会』(日本放送出版協会[NHKブックス]、1978年)
  • 『スラウェシの海辺から――もうひとつのアジア・太平洋』(同文館出版、1987年)
  • 『エビと日本人』(岩波書店岩波新書]、1988年)
  • 『サシとアジアと海世界 環境を守る知恵とシステム』(コモンズ 1998年)
  • 『グローバル化とわたしたち――国境を越えるモノ・カネ・ヒト』(岩崎書店、2006年)
  • 『エビと日本人II――暮らしのなかのグローバル化』(岩波書店[岩波新書]、2007年)
  • 『ぼくが歩いた東南アジア 島と海と森と』(コモンズ 2009年)
  • 『パプア 森と海と人々』(めこん 2013年)

共著編集

編著編集

  • 『漫画で読む東南アジア』、筑摩書房、1992年(ちくま文庫、1996年)
  • 『検証ニッポンのODA』、学陽書房、1992年
  • 『アジアを考える本・近くて遠い国(1)アジアってなに?』、岩崎書店、1995年
  • 『アジアを考える本・近くて遠い国(7)アジアとどうつきあうか?』、岩崎書店、1995年

共編著編集

  • 『アジアと私たち - 若者のアジア認識』、三一書房、1988年
  • (ODA調査研究会)『無責任援助ODA大国ニッポン - フィリピン、タイ、インドネシア現地緊急リポート』、JICC出版局、1989年
  • 鶴見良行)『道のアジア史 - モノ・ヒト・文化の交流』、同文舘出版、1991年
  • (鶴見良行)『エビの向こうにアジアが見える』、学陽書房、1992年
  • 藤林泰)『ヌサンタラ航海記』、リブロポート、1994年
  • 越田稜吉岡淳)『国境の人びと - トランスボーダーの思想』、古今書院、1994年
  • 北沢洋子)『顔のない国際機関 - IMF・世界銀行』、学陽書房、1995年
  • 尾本惠市濱下武志家島彦一)『海のアジア(全6巻)』、岩波書店、2000年-2001年
  • (佐伯奈津子)『インドネシアを知るための50章』、明石書店、2004年
  • 安野正士デヴィット・ワンク)『グローバル社会のダイナミズム――理論と展望』(ぎょうせい、2007年)

訳書編集

  • レンドラ『ナガ族の闘いの物語』めこん、1997年

脚注編集