メインメニューを開く

村井 眞二(むらい しんじ、1938年8月24日 - )は、日本の化学者工学博士大阪大学奈良先端科学技術大学院大学名誉教授。

村井 眞二
(むらい しんじ)
Shinji Murai cropped 2 Shinji Murai 201711.jpg
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1938-08-24) 1938年8月24日(80歳)
日本の旗 大阪府大阪市
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 化学
研究機関 ウィスコンシン大学
大阪大学
奈良先端科学技術大学院大学
出身校 大阪大学大学院工学研究科修了
主な業績 炭素水素結合
金属触媒で切断するなど
有機合成手法の革新
主な受賞歴 藤原賞2006年
日本学士院賞2010年
朝日賞2015年
プロジェクト:人物伝

日本化学会会長、科学技術振興機構上席フェロー、奈良先端科学技術大学院大学理事・副学長などを歴任。大阪市出身[1]

略歴編集

  • 1957年 - 大阪府立住吉高等学校卒業。
  • 1966年 - 大阪大学大学院工学研究科修了、同大学工学部助手に就任。
  • 1967年 - 米国ウィスコンシン大学博士研究員(ロバート・ウェスト教授研究室)。
  • 1987年 - 大阪大学工学部教授に就任。
  • 1999年 - 大阪大学工学部長・工学研究科長に就任。
  • 2002年 - 大阪大学名誉教授に就任。
  • 2005年 - 日本化学会会長に就任。

受賞編集

  • 2006年 - 藤原賞(キラル高分子の精密合成と機能開発)
  • 2010年 - 第100回日本学士院賞(遷移金属分子触媒による有機化合物の骨格形成法と修飾法の開拓)
  • 2015年 - 朝日賞(不活性結合の活性化に基づく革新的合成手法の開拓)
  • 2017年 - 文化功労者

参照編集

  1. ^ 日本学士院賞授賞の決定について


先代:
御園生誠
日本化学会会長
2005年 - 2006年
次代:
藤嶋昭