村前村

日本の愛媛県喜多郡にあった村

村前村(むらさきむら)は、愛媛県喜多郡にあった。現在の内子町村前などにあたる。

むらさきむら
村前村
廃止日 1929年12月26日
廃止理由 分割・編入合併
天神村、村前村(一部) → 天神村
大瀬村、村前村(一部) → 大瀬村
五城村、村前村(一部) → 五城村
現在の自治体 内子町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
喜多郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 1,695
国勢調査1920年
隣接自治体 内子町、天神村、大瀬村、五城村
村前村役場
所在地 愛媛県喜多郡村前村(大字なし)
座標 北緯33度33分21秒 東経132度41分27秒 / 北緯33.55572度 東経132.69081度 / 33.55572; 132.69081座標: 北緯33度33分21秒 東経132度41分27秒 / 北緯33.55572度 東経132.69081度 / 33.55572; 132.69081
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

歴史編集

  • 1889年明治22年)12月15日 - 町村制の施行により、近世以来の村前村が単独で自治体を形成。
  • 1929年昭和4年)12月26日 - 分割し、一部(池窪・亀井の約40戸)が天神村に、一部(本村・喜田村・甲上日地・乙上日地・穂積の約200戸)が大瀬村に、残部(中土・長前・北浦・深谷・下成・上成の約100戸)が五城村にそれぞれ編入。同日村前村廃止。五城村に編入された区域は同村大字村前となる。

人口編集

1910年の人口は1929、戸数は351[1]

経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば村前村の篤農家は、「矢野行信、上田石衛」などである[2]

地域編集

出来事編集

大洲藩

元治二年 村前村穢多松五郎牢死、重罪につき渋草へ引捨てる。

元治二年、覚帳、郡奉行

十八日(〇二月)

一、村前村産穢多松五郎義大罪者之儀、末本牢入二者相成不申候得共、何様不軽罪状故、裁許向も勘弁中之所、今日又牢死候段届出候二付、渋草へ、引捨相達ス。穢多之身分殊二重罪之者故、三ヶ寺山へ捨候も如何敷候二付右之場所江為捨候。 — 『愛媛部落史資料 近世-明治初年』308頁

出身・ゆかりのある人物編集

  • 大星利三郎(1885年 - ?)[3] - 1912年、帝国在郷軍人会村前村分会副長に就任[3]1918年、同村区長となり、1921年7月、国勢調査員を嘱託され、1922年1月より、在郷軍人分会長、村会議員、消防小頭等を歴任[3]
  • 大野唯吉(1873年 - ?、農業、政治家)[3] - 1912年、村前村信用組合理事となる[3]1913年1月、村会議員に当選[3]
  • 大本石蔵(1865年 - ?、農業、政治家)[3] - 1896年、村会議員に選出された[3]
  • 河内彌衛(1895年 - ?、農業、政治家)[3] - 1922年2月、郡会議員に選出された[3]
  • 力石轟吉(1876年 - ?、政治家)[3] - 1915年12月、名誉助役となり1922年3月、同村長に当選[3]
  • 富岡関蔵(1882年 - ?、政治家)[3] - 1922年1月、村会議員に当選、同年3月助役となる[3]
  • 長尾清太郎(1870年 - ?、政治家)[3] - 1899年、区長[3]。1922年1月、村会議員に当選[3]
  • 山本好蔵(1883年 - ?、農業、製紙業)[3] - 1917年12月及び1921年12月の両期区長に選出された[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『愛媛県喜多郡統計書 明治43年』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月20日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』100頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』喜多郡との部20-21、ちの部24、をの部26-29、わ、か38の部、なの部62、やの部87頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年12月24日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 愛媛県喜多郡編『愛媛県喜多郡統計書 明治43年』喜多郡、1912年。
  • 『愛媛県人物名鑑 第2輯 喜多郡、上浮穴郡、伊予郡之部』海南新聞社、1923年。
  • 角川日本地名大辞典 38 愛媛県』。
  • 高市光男『愛媛部落史資料 近世-明治初年』近代史文庫大阪研究会、1976年。

関連項目編集