村山 祐司(むらやま ゆうじ、1953年9月4日[1] - )は、日本地理学者。専門は計量・交通地理学。筑波大学名誉教授。元日本地理学会会長

村山 祐司
人物情報
生誕 (1953-09-04) 1953年9月4日(67歳)[1]
日本の旗 日本茨城県小美玉市[1]
出身校 筑波大学
学問
研究分野 地理学
研究機関 筑波大学
学位 理学博士
学会 日本地理学会
主な受賞歴 日本地理学会賞(優秀賞・2003年)
テンプレートを表示

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『地域分析 地域の見方・読み方・調べ方』古今書院、1990
  • 『交通流動の空間構造』古今書院、1991

共編著編集

  • 中村和郎寄藤昂)『地理情報システムを学ぶ』古今書院、1998
  • 高阪宏行)『GIS - 地理学への貢献』古今書院、2001
  • 井田仁康伊藤悟)『授業のための地理情報 写真・地図・インターネット』古今書院、2001
  • 『21世紀の地理 新しい地理教育 シリーズ<人文地理学>』朝倉書店、2003
  • 『地域研究 シリーズ<人文地理学>』朝倉書店、2003
  • 『教育GISの理論と実践』古今書院、2004
  • 『地理情報システム シリーズ<人文地理学>』朝倉書店、2005
  • 岡部篤行)『GISで空間分析 ソフトウェア活用術』古今書院、2006
  • 柴崎亮介)『シリーズGIS』全5巻 朝倉書店、2008‐09
  • 駒木伸比古)『地域分析 データ入手・解析・評価』新版 古今書院、2013

翻訳編集

  • ディビッド・グリッグ『第三世界の食料問題』山本正三 共訳 農林統計協会、1991
  • ケン・ジョーンズ, ジム・シモンズ『商業環境と立地戦略』藤田直晴 共監訳 大明堂、1992
  • デイビッド・グリッグ『農業変化の歴史地理学』山本正三、手塚章 共訳 二宮書店、2001

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集


先代:
山村悦夫
地理情報システム学会会長
2006年 - 2008年
次代:
柴崎亮介
先代:
戸所隆
日本地理学会会長
2018年 - 2020年
次代:
松原宏