メインメニューを開く

村岡 勇(むらおか いさむ、1906年6月1日 - 1993年4月19日[1])は、英文学者東北大学名誉教授。

目次

略歴編集

福島県出身。東北帝国大学法文学部英文科卒。1962年「形而上詩の研究 その奇想を中心として」で東北大文学博士土居光知の後を継いで教授を勤め、1970年定年退官。D・H・ロレンスT・S・エリオットなどを研究したほか、夏目漱石の『文学論』のノートを調査し編纂した。

著書編集

  • 『英詩のすがた 十七世紀英詩のイメイジ』研究社出版 1958
  • 『D.H.ロレンス』研究社出版 1960
  • 『英文学-詩と自然』英宝社 1974
  • 『漱石資料-文学論ノート 夏目漱石』岩波書店 1976
  • 『英文学試論集 形而上詩とペナントと漱石』英宝社 1992

共著編編集

  • 『ロレンス 人と作品』土居光知共著 研究社出版 1954
  • 『形而上詩の諸問題』(編)1965南雲堂不死鳥選書 別巻)

翻訳編集

記念論集
  • 『英文学試論』村岡勇先生喜寿祝賀事業会 1983

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』