村川 堅太郎(むらかわ けんたろう、1907年4月13日 - 1991年12月23日)は、西洋史学者。東京大学名誉教授日本学士院会員。

経歴編集

東京帝国大学教授・村川堅固の子[1]として東京浅草に生まれる。成蹊中学浦和高等学校を経て、1930年東京帝国大学西洋史学科卒[2]1940年東京帝国大学助教授[3]、1947年教授。1968年定年退官し、名誉教授。日本における古代ギリシャ、ローマ研究の基礎を築いた。1959年、随筆『地中海からの手紙』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

著書編集

単著編集

  • 『地中海からの手紙』毎日新聞社、1958年/中公文庫、1977年
  • 『オリンピア-遺跡・祭典・競技』中公新書、1963年/ちくま学芸文庫、2020年。解説橋場弦
  • 『村川堅太郎古代史論集』全3巻 岩波書店、1986-87年
    1 古代ギリシアの国家、2 古代ギリシア人の思想、3 古典古代の社会と経済
  • 『古典古代游記』岩波書店、1993年
  • Demiurgoi in Realenzyklopaedie der klassischen Alturtumswissenshaft

編著・共編著編集

翻訳編集

記念論集編集

  • 「古典古代の社会と思想-村川堅太郎教授還暦記念」 秀村欣二三浦一郎、太田秀通編 岩波書店、1969年

参考文献編集

  • 伊藤貞夫「村川堅太郎先生追悼」『西洋古典学研究』第40巻、日本西洋古典学会、1992年、 195-197頁、 doi:10.20578/jclst.40.0_195NAID 110007382843

脚注編集

  1. ^ 伊藤貞夫 1992
  2. ^ 『官報』第1000号、昭和5年5月3日、p.76
  3. ^ 東京帝国大学編 『東京帝国大学一覧 昭和15年度』 東京帝国大学、1941年、429頁。