村手 義治(むらて よしはる、1934年10月20日[1]- )は、ロシア文学者・翻訳家。東京に生まれ、長野に育つ[2]。1960年早稲田大学文学部露文学専修卒業[3]。1977年からモスクワのプログレス出版に勤務。1984年帰国、翻訳に従事。のち創価大学文学部ロシア語専攻教授[4]。2005年定年。

著書編集

  • 『250語でできるやさしいロシア会話』白水社 1983 のち1997年、新版

翻訳編集

  • 『わが放浪わが出会い 帝国末期のロシア人』中公文庫 1990
  • 『こんにちはチェホフ! 三つの短編を訪ねる』編訳 春風社 2011

参考文献編集

『こんにちはチェホフ! 三つの短編を訪ねる』訳者紹介

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『こんにちはチェホフ! 三つの短編を訪ねる』訳者紹介
  3. ^ 『こんにちはチェホフ! 三つの短編を訪ねる』訳者紹介
  4. ^ 『こんにちはチェホフ! 三つの短編を訪ねる』訳者紹介